本園の特徴

 自然体験・地域交流として保育園の隣の田んぼを借用し、地主さんにお米博士になっていただき、年長児が米作りを体験しています。
 また、同法人の知的障がい者施設明星学園の畑をお借りして、メンバーさんと一緒にさつま芋の苗植えや収穫を行っています。自園の畑ではさつまいもや夏野菜の栽培を行っており、畑の土の作り方などもお米博士に教えていただき、収穫を楽しみに水やりや草取りの作業を子どもたちが進んで行っています。
 園庭で季節に応じた自由遊びを楽しんだり、異年齢とのかかわりの中で遊び方やコミュニケーションの方法を学びあえる環境にあります。
 散歩は日課になっており、自然に目を向け探索したり発見したりする楽しさを味わっています。また、散歩で持ち帰った花や木の実などを使っての制作など、それぞれの遊びを深めています。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 空・天気 人・地域 食 実りの秋~稲刈り体験~

2021年9月28日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/人・地域/食
年 齢:
5歳児
ねらい:
米作り体験を通し、大地の恵みに感謝する気持ちや、食べ物を大切にする気持ちを持つ
地域の方の温かさに触れ、人とかかわる喜びを感じる
田植えを中心とした四季折々の姿を感じ、その移り変わりや変化を通して、故郷への愛着を持つ

活動内容

収穫の時を迎えたにじ組の稲・・・

田植えをした5月の頃は25㎝の苗だったのが、1m近くまで生長した稲は頭を垂らし、黄金色に光り輝いていました。

稲刈りは、機械でなく自分達の手で稲刈り鎌を使って刈るという体験をしていきました。

自分達で刈った稲は、太陽でしっかり天日干しをし「はざかけ米」になります。

はざかけ米にするために、ずっしり重くなった稲をみんなで力を合わせて運びました。

子ども達のきづき

・頭を垂らした稲を見て、「たくさんお米がついてるから下を向いているんだね」

「おいしいお米になったかな~」

「重い~って稲も言ってるのかもしれん」

稲の実際の様子を見て、生長していることに気づいていく。

・鎌を使い稲刈りを行う中で

「少し怖かったけど教えてもらったからできたよ」

「昔の人はこうやってやってたんだね」

自分達で刈ることで、昔ながらの方法を体験を通して知っていく。

事例に対する保育者の思い

・実体験を通して米作りを楽しみ、自分達で食べられるまでの過程を経験してほしい。

・危険だから鎌を使わせないのではなく、安全な使い方、昔ながらの方法を知り体験をして欲しい。

みょうじょうほいくえん 明星保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 山内 ひろみ
運営法人 社会福祉法人明星会
運営法人代表者名 宮下 智
園の設立日 昭和37年2月10日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0807 飯田市鼎切石3928
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-24-8020 
FAX : 0265-24-8008 
MAIL : myoujou-408@juno.ocn.ne.jp
ホームページ http://www.myoujou-hoikuen.com/
定員数 未満児 : 45人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる