本園の特徴

<保育目標>
1 健康でたくましい子ども
2 友だちと仲よく遊ぶ子ども
3 心豊かな子ども

<保育園の思い>
・豊かな自然の中でのびのびと遊び、体験を重視した保育をし、たくましく育てます。
・子どものやる気を重視し、豊かな愛情をもって接します。
・職員と保護者同士の関わりを深め、協働で子育てをします。

<そのために・・・>
・田んぼや畑づくり、散歩など、自然に触れたり遊ぶ体験をたくさんします。
・地域の方々とのふれあい、交流を深めます。
・仲間づくりを大切にした楽しい保育園にします。
・基本的生活習慣の自立を促します。
・環境保護などについて分かりやすく説明し、自分たちでできることをするようにします。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 雨上がりの訪問者!

2022年5月16日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
2~5歳児
ねらい:
・生き物に興味を持って観る。

活動内容

前日の夜、大雨が降りました。朝には上がりましたが、パンジーのプランターやテラスには水滴が残っていました。

保育士が何回か通ったり、拭き掃除をした時にはいなかったのに・・・知らぬ間にテラスに訪問者が?!

朝一番に登園してきた子ども達が「何だこれ?」と動く生き物をじっと見ていました。

子「これはカタツムリだ!」子「デンデンムシだよ!」保「でも、グルグルのおうちがないよ。」

子「あれ~?」保「ナメクジっていうんだよ。」

他のお友だちがお父さんと登園。そのお父さんが棒を使ってナメクジの前に置くと、登った!

棒を持ち上げるとナメクジもつかまっている。子「すご~い!」

順次登園してくる子ども達も「何だ?」と興味津々。

ナメクジに直接触れないけど、棒を使えば「僕でも持てる!」

持ち上げては間近で見ていました。

子ども達のきづき

・棒で持ち上げたナメクジをペットボトルに入れていました。その内側の壁をよじ登るナメクジの様子がよく見え、「動いてる!」「ムシュムシュって歩いてる!」「速~い!」と思わず見えたナメクジの足(?)の動きに大興奮して見ていました。

・「何を食べるのかなぁ?」という話題になり、「キャベツしか食べん!だってカタツムリはキャベツ食べるもん。」「えっ?他の物だって食べるよニンジンとか。」「お花やったけど、食べんかったに!」と言い合っていました。どうしてもカタツムリに似ているので、食べる物もカタツムリと同じと考えたようです。

事例に対する保育者の思い

・カタツムリは雨上がりもそうでない日も目にすることは多いですが、ナメクジをじっと見る機会はなかなかないので、身近にいる生き物にも注目したいと思う。

・子ども達は、ちょっとした変化(動き等々)によく気付き、そこからいろいろ考えを巡らせていける力があることを感じた。

いいだしとのおかほいくえん 飯田市殿岡保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 宮﨑 千保子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和51年3月31日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0154 飯田市下殿岡1020
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-25-3707 
FAX : 0265-25-3707 
MAIL : ns-tonooka@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~18:30
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる