植物・生物 春の遠足(森沢へ ひよこ組)

2020年6月3日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
未満児〈2歳児〉
ねらい:
遠足に出掛け、季節を感じながら草花を摘んで遊び、外でおやつを食べることを楽しむ

活動内容

以上児さんが遠足に出かけるのを見送った後、未満児もいよいよ遠足に出発です。

お散歩バックを持って出かけます。

このお散歩バックは4月に『たくさんお散歩に出かけて楽しめるように』と

シールを貼りマイバックを製作しました。

 

森沢はいつもお散歩に出かけているコースですが、今日はおやつも持って出かけます。

坂道を花を摘んだり、虫を探してのんびり歩きます。

なにか ないかな~

あっちに いきたい

 

途中でおたまじゃくし池に寄り道しましたが、オタマジャクシはまだいませんでした。

おたまじゃくし いなかったね あっちいくの

くさのなかも へいき!

 

お楽しみのおやつの時間だよ。

素敵なステージを発見。ここで一休み。

ちょっとつかれたなぁ

 

今度は杉林の中を登ってみよう!探検だね。

ちょっとのぼってみよう!

 

みんな大好きハナモモの種を拾い、お散歩バックに入れています。

どれにしようかな~

 

子ども達のきづき

お花を摘むのが大好きな未満児さん。

お散歩に行ってもっと色々な花を摘んできたいねと、お散歩バックを作りました。

いつもは手を繋いで歩く道も、自由に歩くことで、花を摘んだり、探したりしながら歩く未満児さん。

「これも欲しい」「もっと拾う」とバックいっぱいに、ハナモモの種や松ぼっくりを拾ってきました。

お迎えに来たお母さんたちが、ビックリするくらいのおみやげができました。

事例に対する保育者の思い

手を繋ぐだけの散歩ではなく自由に歩くことで、草花を見つけたり、摘んだりしながら楽しく歩けました。

お散歩に行き慣れた森沢ですが、遠足でいつもより時間に余裕があり、少し冒険(いつもと違う所)も楽しめ、坂道もしっかり歩けました。

以前は歩いているうちに落としてしまったり、折れてしまったりしていた花などもお散歩バックに入れることで、悲しい思いをする事が減り、大切に持ち帰れるようになりました。また、両手が空くことで次々と遊びが楽しめます。交通量のある道路で手を繋ぐ事もスムーズになりました。

四季折々の草花を摘める散歩に、これからもお散歩バックを持って行きたいと思います。

ねばむらほいくしょ 根羽村保育所

園の形態 普及型
代表者氏名 保育所長 : 原田 喜理子
運営法人 根羽村
運営法人代表者名 根羽村長
園の設立日 1970.4.1
認定日 2019.9.13
区分 保育所
住所 〒395‐0701 下伊那郡根羽村149
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265‐49‐2152 
FAX : 0265‐49‐2152 
MAIL : nebahoikusyo1107@mis.janis.or.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 人 4歳児 : 人 5歳児 : 人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土、日
基本開所時間 7時30分~18時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ