本園の特徴

挨拶のできる子ども、元気に遊ぶ子ども、意欲的に取り組もうとする子どもを目指しています。
住宅街の中にある園ですが、園のすぐ隣に田んぼや川があります。草が生えている田んぼ道を散歩したり、田んぼで泳ぐカルガモの様子を眺めたり餌をやったりもできます。
園庭は広く、芝生になっているため、カエルや虫を見つけることもできます。思い切り走り回って遊ぶことができ、サッカー教室等を園庭で楽しんでもいます。また木も多くあり木の実や葉を使って遊べます。
園の敷地内に畑もあるので、年齢ごと毎年多くの野菜作りをし、収穫した野菜を給食の食材として調理してもらったり、時には自分たちでクッキング保育をして自分たちで育てたものを食べる喜びを味わっています。
園児数が多いので、姉妹学級を作り異年齢の活動を取り入れています。未就園児との交流会を定期的に行い、保護者への子育て支援も行っています。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 園の中庭であそぼう

2019年8月1日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
1歳児
ねらい:
・安心して探索あそびを楽しむ

活動内容

 

 

当園には中庭があり、初夏は一面のたんぽぽ畑になります。子どもたちが安心して遊べるスペースとなっています。

今日も、目を輝かせ庭に入っていきました。(なにしてあそぼかな・・・)

 

砂を触ってみよう!(冷たくてきもちいい)

お友だちと一緒にシャベルで砂を集めはじめました。

 

保「あ、ちょうちょがとんでる!」 (どこどこ?)

すぐに駆け寄って見に来ました。

安心して保育士と一緒に同じものを目で見たり、感じることを楽しんでいます。

子ども達のきづき

たんぽぽを摘むと、今度は手でほぐしはじめました。

(ふわふわしてる。)

一つほぐしてはまた摘み、繰り返しの遊びの中で感触を楽しんでいました。

事例に対する保育者の思い

中庭は1歳児にとって安心できるスペースで、ゆったりと思い思いに遊べ、探索できる環境にあります。

草花もあり、手で触れたり、においをかいでみたり、時々飛んでくるちょうちょを見たり・・・・

砂遊びをしたり・・・

子どもたちはいろいろなことを試しながら遊びこんでいます。

身近にある自然に触れながら、いろいろな体験を積みながら、いろいろな感情や思いが育ってほしいと願います。

 

あずみのしりつみさととうぶにんていこどもえん 安曇野市立三郷東部認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 小林 美穂
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1978.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8101 安曇野市三郷明盛1068-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-77-2898 
FAX : 0263-77-2898 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 40人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる