本園の特徴

保育目標に「明るく 元気に 遊べる子」を掲げて、戸外遊びに力を入れています。
どんな”あおきっ子たちの姿”があるのかをご紹介したいと思います。
〇体力づくりの一環として、村内”お散歩マップ”をつくり青木村の史跡めぐりをしています。青木村保育園の周辺には神社、お寺、
 道祖神、公園など遊び体験満載のスポットが沢山あります。
〇保育園の目の前にある”あおきっ子広場”では週に2回出掛けて行き、自然体験活動を継続しています。
〇近くにある特養デイサービスセンターとの交流、高齢者体育祭参加、村のヤンレいきいやしょ運動会参加、大学生・短大生との交
 流、小学校、中学校との交流、畑づくり、村の夏祭り参加など地域との交流を大事にしています。
〇祖父母の皆様のお力を借りながら、太鼓・お正月あそび・おもちつき・まゆだま作りなど郷土の伝承遊びを取り入れています。
〇春と秋のお楽しみ会行事へのお誘いや園開放をとおして未就園児との交流を行っています。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 空・天気 食 つくる お米作りに挑戦だ~!

2021年4月7日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/食/つくる
年 齢:
5歳児
ねらい:
・お米作りを体験し、お米が出来るまの過程に関心を持ち、収穫する喜びを味わう。

活動内容

あおきっこ広場の一画に保育園の田んぼがあります。

毎年、その田んぼで年長がお米作りに挑戦しています。うめ組さくら組のお友だちもいよいよ自分たちが挑戦できるんだと楽しみにする姿が見られました。

 

~田植え~

5月の後半に田植えをしました。当日は、朝から小雨が降り、肌寒い日となってしまいましたが、子供たちは大はりきりで田んぼへ向かいました。田んぼの中へ足を入れると思っていたより深く沈み、保育士や友だちにしがみついたり「キャーキャー」と言いながらも田んぼの泥の感触を楽しむ子どもたちでした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

園長先生から『稲が泥の中へしっかり立つように植えるんだよ』と植え方を教えていただき、早くやってみたいとワクワクの表情を見せ、子どもたちも稲を手に持ちいよいよ田植えスタート。初めは泥の中へしっかり植えるのが難しく、浮いてきてしまう苗もありましたが少しずつコツを掴み「もっとやりたい」と楽しむ姿も増えてきました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

気温が低く、田植えが終わると寒さに襲われ、温かいシャワーで体を洗って終了となりました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

~稲刈り~

田植えから5カ月、稲の成長を見守ってきた年長組。

いよいよ稲刈りの日がやってきました。

稲刈りも、もちろん手作業です。鎌を持つのが初めての子どもたちはそれだけでドキドキ。

 

稲の株を片手でつかみ、のこぎりでギコギコギー。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自分の力でザクっと刈れた時の嬉しそうな表情がなんとも印象的でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はぜかけするとお米がもっとおいしくなるんだよ!とお話すると「おいしくなあれ!」と手を合わせてお願いする子どもたちでした。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

~脱穀~

稲刈りから20日間以上ハゼかけをし、脱穀を迎えました。脱穀は園長先生のところまで稲を運ぶお手伝いをしました。

一粒一粒のまだモミの付いた米粒を見て、「これがお米になるんだね。」と嬉しそうでした。

~実食~

脱穀を終え、いよいよお米を炊いていただきました。どうやって食べようかと話し合いの結果、カレーパーティーをすることになりました。朝から自分たちで作ったじゃがいもや人参玉ねぎなどの野菜を切ったり、米研ぎをしたりと大忙しの子どもたち。炊き立てのご飯でおにぎり作りもしました。

広いリズム室を会場にし、テーブルごと距離をとり、コロナ対策をしながらカレーパーティーを楽しみました。自分たちで作ったことで更においしさも倍増し大盛り3杯食べた子もいました。

田植えから稲刈りまでを経験し、米作りを身近に感じることができました。

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

子ども達のきづき

米作り活動では、泥の入った田んぼでの田植えから、稲が成長していく姿、稲刈りの頃には田んぼの水がひけ、乾いた土の匂いを感じ、田んぼや稲の変化していく姿を学ぶことができました。

子どもたちにとっては、大変だ、苦労なこと、というより楽しい!気持ちで取り組めていました。

事例に対する保育者の思い

お米が出来るまでには長い時間が必要だということ、色々な工程があり簡単に作られるものでないことなど、自分たちで体験したことを少しでも肌で感じ、食べ物を残さず食べる、食べ物を大切にする気持ちが育ってくれることを願っています。

コロナ禍の中、米作り体験が出来たことに感謝です。

様々な経験を胸に元気な一年生になあれ!

あおきむらほいくえん 青木村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 若林喜信
運営法人 青木村
運営法人代表者名 青木村長
園の設立日 1961.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒389‐1601 青木村大字田沢3294
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0268‐49‐2063 
FAX : 0268‐49‐2063 
MAIL : hoikujo@vill.aoki.nagano.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 29人 3歳児 : 42人 4歳児 : 42人 5歳児 : 42人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる