土 植物・生物 水 つくる やったー!ひまわり満開!

2021年9月10日

テーマ:
土/植物・生物/水/つくる
年 齢:
3歳児
ねらい:
・自分のひまわりを育てる中で、特徴に気付いたり、生長や開花に期待や喜びを持つ。

活動内容

7月のはじめ、年少さんが一人一つのプランターで、ひまわり育てよう!と種まきをしようと・・・

「よ~し、やるぞ~!」と・・・意欲がいっぱいの年少さん。

早速、プランターにいっぱいの砂を入れ、種をうめて「できた!」と満足感いっぱいの表情を浮かべる姿や、種に直接水をかけてみたものの「あれ?なんか違うかな・・・?」とプランターから流れた種を見つめる姿など、子どもたちが今までしてきた経験から精いっぱいの、子どもたちなりの考えが溢れていた種まき・・・。

 

「ひまわりはね、つち(土)がすきなんだよ」とやさしい手つきで土を入れ、

 

「つちのおふとんにする!」

 

それから・・・そっと種をまきました。

大事に…優しく… ひまわりに名前を付けていました。

「これは・・・ひまちゃん」

「ぼくは・・・らいおん」

ライオンか~。  そうか!  大きなヒマワリは、ライオンの鬣みたいだものね。

そこまでイメージを持てている姿は、さすがです。

 

その日から戸外に出るたび自分のひまわりを見たり、水やりをしたり・・・

自分の“ひまわり”にいっぱいの愛を注いでいます。

 

「まだかな~」

 

「おみずいっぱいのむとおおきくなる?」

 

「みんなのも おみずあげる!」

「おおきくな~れ!」

 

「あついから、いっぱいあげる。」

「まだかな・・・」

 

「うわ~~~!咲いた!  やった~!」

「みんなのさいたね!」

 

年少さんが大切に育てたひまわり。

立派に咲いたので、年中さん・年長さんのみんなも一緒に絵を描きました!

 

最後(種取り)まで、もう少しかな・・・

子ども達と変化を、見守っていきたいです。

 

子ども達のきづき

「きょうはあめがふらないね…」という日には、

「きっとのどかわいてるから、もういっかい、おみずあげようよ!」と

おやつのあとも水やりをしていた子ども達。

 

「みて!!」

「おはなじゃない?!」

「どれ?」・・・と

つぼみのふくらみに気づき

 

「もうちょっとだね~」

そして・・・

ついに・・・!!

 

「みて~!りーちゃんの さいたよ!」

 

「みて~かたまである~!」とひまわりと背比べをして・・・

生長にも気づいた様子。

 

「いいにおいする~」

「え、ほんとー?」

「どう?ねっ!?」

嗅覚でも開花を感じ取っていた子どもたち…

 

 

実際に目の前のひまわりを見ながら絵を描く中で・・・

 

「くろいてんてんのなかに、きいろがあるよ!」

「あっちのはなびらと、こっちのはなびらのいろがちがう!」

などの発見もありました。

 

事例に対する保育者の思い

毎朝登園してきては、自分で種まきをしたプランターを観察し、「あ!はっぱがでてる!」、「これだれの?おおきくなってる!」と、日々生長していく“ひまわり”の変化に気づいたり、親しみを持ってこの夏を一緒に過ごしてきました。

暑い日の戸外遊びでは、「ひまわりもおみずのみたいね!」と子どもたち自ら水やりをしたり、「いつさくのかな~まだかな?」と、楽しみにしている姿もありました。

“自分”のひまわりを育てることを通して、植物に興味関心を持つことは勿論、お世話をすることも経験できた子ども達…その中で沢山の『発見・気づき』を与えてくれたひまわりともう少し一緒に過ごし、『種取り』も経験できたら・・・その種が来年につながったら・・・と願っています。

 

 

あずみのしりつあかしなきたにんていこどもえん 安曇野市立明科北認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 大澤 美香
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1974.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-7101 安曇野市明科東川手872-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-62-3954 
FAX : 0263-62-6205 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 21人 3歳児 : 19人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ