土 植物・生物 水 空・天気 冬がやってきた!

2020年12月23日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気
年 齢:
3~5歳
ねらい:
・冬の自然を全身で楽しもう!

活動内容

うっすら園庭に雪が積もった?かぶった?だけで大喜び。

園庭に飛び出し、とにかく走り回っていました。

雪がとてもきれいに見えたので、虫めがね登場

いつも絵本やイラストで見る雪の形にびっくり!

あちこち虫めがねで覗いていました。

プールの中に氷をみつけた!とシャベルを持ち出しすくいだす。

すくってみると・・・「あれ?」氷じゃない!雪だ。しかもすくうと水。

それでも何度もすくう姿はさながら草津温泉の湯もみのよう!

門柱の上にも雪発見!

お隣のお寺の塀の上にも発見!

翌日寒さが増し氷が張った!

さっそくシャベルを持ち出し氷とり、大きいのをそのまま取りたいのに難しい~

こんなのとれたよ~ 手が冷たくないのかな・・・?

 

氷をつるして枝でたたいたら・・・

「キーン。」「コン。」「カン。」いい音がする。

力加減が難しい・・・

庭の畑のほうれん草を収穫したかったが、畑が凍っていて鉄製シャベルでも歯がたたない。

保育士はあきらめて包丁で根を切って収穫しようと考えたが、子ども達から「水をかければいいんじゃない?」と。

せっせと水を運んでほうれん草にかけはじめた。

保育士は「無理では?」と思い見ていると予想通りなかなかとけずかたいまま。

しかし子ども達は次から次へと水を運んでかけ、子ども用シャベルでほうれん草の周りを掘り、1株。

「とれた~!」ととったほうれん草を掲げた。

その一声で更に気持ちが入り、畑の半分のほうれん草を水とシャベル戦法で根ごと抜いていた。

その中で自然と水をかける、掘る・・の役割ができていた。

しかし、外の水道の止水栓は止めてあったのに、いったいどこから水を運んでくるの?と見ていると

靴を脱いで室内の水道から水を汲んで運んでいた。 なんてずくがあるんだろう‼

 

 

子ども達のきづき

・「先生、ハートがあるよ!」気付いた年少児が、保育士に伝えるがなんだかまったく分からない???

女児の目の高さに腰を下ろすと・・・プールの水面にシャベルの柄が丁度映ってハート♡になっていた。

一緒に見ていた年少男児と2人、保育士の手を引いてまで呼んで自分たちの発見を伝えたかったんです。

 

事例に対する保育者の思い

・急激な冬の到来に子ども達は寒さも冷たさも忘れるほどの興奮を感じたのだと思う。

冬の自然の発見の喜び、不思議への興味は大きいことを感じた。

・氷をとる!ほうれん草を抜く!にしても自然と友だちと力を合わせて、目的を達成しよう!と集まり、考え、協力する姿が見られる。

日々の遊びの積み重ねから、そんな子ども達の姿につながっていると思うとうれしいことだ。

いいだしとのおかほいくえん 飯田市殿岡保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 宮﨑 千保子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和51年3月31日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0154 飯田市下殿岡1020
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-25-3707 
FAX : 0265-25-3707 
MAIL : ns-tonooka@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~18:30
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ