植物・生物 人・地域 つくる イチョウの絨毯!

2020年11月26日

テーマ:
植物・生物/人・地域/つくる
年 齢:
3~5歳
ねらい:
・秋の葉の色づきを知り、不思議さや綺麗さに気付く。また、それを活かして遊び、面白さを味わう。
・年中児(もも組)の家作り飾り付けを楽しむ中で、みんなで1つのものができた喜びや達成感を味わう。

活動内容

園の隣の事業所の色づいたイチョウの葉が庭いっぱいに落ちたので、みんなで遊びにいきました。

「葉っぱがいっぱいで地面がみえないね。」

「フワフワしていて気持ちがいいね。」「なんだかお布団の上にいるみたい。」

柔らかいイチョウの絨毯の上にコロコロと転がる子ども達。

「ねぇ、葉っぱのお布団掛けて!」とお友達に頼んだり、自分で潜っていったり・・・

あっちこっちに葉っぱの山ができてどこに子どもたちが隠れているの分からなくなりました。

最後にみんなで葉っぱのシャワー! すごい量です

 

年中児もも組は現在おうちを制作中。

「この葉っぱおうちに貼ってもいいね。」ときれいな葉っぱを見て気づき集めて持って帰ってきました。

「きれいになってきたでしょう。」

「じゃぁ、私はこっち。」       「私はここに貼るね。」

お友達がやっている様子をジッと見ているA君、「オレもやってみよう!」と葉っぱと枝を合わせて

顔にしていました。

だんだん葉っぱを貼るだけでなく、葉っぱや枝を組み合わせて形を作る子も出てきました。

花の形や蝶の形などもできてきました。

 

 

子ども達のきづき

・葉っぱの絨毯柔らかくて気持ちいいな。

・身体に掛けるとお布団みたい、温かいね。

・いっぱい掛けたら身体が全部隠れちゃう。

・イチョウの葉っぱ黄色だけじゃなくて緑のもあるね。黄色と緑がまざったのもあるよ。

・いろいろな形もあるよ。

・おうちに飾ったらきれいだね。

 

・どうやったらうまく貼れるかなぁ?

・葉っぱを集めるとおもしろい形になるよ。

事例に対する保育者の思い

・たくさんのイチョウの葉が落ちた庭で気軽に子ども達を子ども達を遊ばせてくださる事業所の方に感謝です。

・1枚2枚ではなくたくさんの落ち葉の中で踏んだ感触、柔らかさ、温かさを感じることができました。

・大人は少し躊躇するところも子ども達は平気で転がることができ、とても生き生きと遊ぶ姿が見られました。

・同じイチョウの葉でも色、形の違いがあることにも気づき、大事に集めている様子にも個々の個性を見ることができました。

・園に持ち帰った葉っぱを制作中の家に張り付けていくことも楽しみながら、友だちのしている様子をよくみていたり、真似してみたり、また新たな発想がでてきたりしているので、今後にもつなげてより楽しめる活動にしていきたいと思います。

いいだしやまもとほいくえん 飯田市山本保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 後藤 敦古
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和40年4月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0244 飯田市山本3340-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-25-2440 
FAX : 0265-25-2440 
MAIL : ns-yamamoto@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 20人 4歳児 : 25人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~16:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ