植物・生物 空・天気 人・地域 オニヤンマだ!

2020年9月1日

テーマ:
植物・生物/空・天気/人・地域
年 齢:
3歳児 4歳児 5歳児
ねらい:
オニヤンマの発見を喜び、身近な生き物に
興味関心を持つ。

活動内容

桜の大木を見つめる年長さん。

「あそこになにかいるよ」

「とんぼだね」

「あれ知ってる!」「オニヤンマだよ!」

「あれはさなぎ?」

「ふしぎな形だね!」「生きているみたいだよ!」

「ほんとにふしぎだね!」

「目とかあるみたい!」

「さなぎから落っこちてきた」

「だいじょうぶかな」

「少し弱ってる!」

「お部屋に連れて行こう」と年長のお部屋

へ連れて行きました。

おやつを食べた後にますます弱ってきた

オニヤンマを逃がしに行きました。

「朝いたところに逃がそうよ」「うん」

「そうしよう!」とみんなで桜の木へ。

「早く、よいしょ!」「きりかぶのうえに

おこうよ!」「それがいい!」

「きりかぶのうえだと元気だね!」

「少し休んだら飛べるかもしれないね」

「元気でね!」「またきてね!」

優しい年長さんの姿でした。

年長さんがオニヤンマを逃がして

からすばらく経ったある日、廊下に

オニヤンマが飛んでいました。

おじいちゃん先生が廊下に飛んできた

オニヤンマをとって見せてくれました。

いろいろなトンボが園庭や廊下にいる

ことが多い園。子どもたちもトンボに

興味津々です。

「いたいた!」「すごい、大きいね!」

「おじいちゃん先生すごいね」

「ほんとに大きいね!」「見てみて!」

「これとおなじだよ」「オニヤンマだよ]

「やっぱりそうだよね」

日頃目にしている図鑑の絵と同じ

トンボを発見した年中さんです。

年長さんが逃がしたトンボが来たのかも

しれません。

「見て、大きなトンボ」

「手で持てるんだよ。すごいでしょ!」

「見て!目も大きいよ!」

年少さんも大きなオニヤンマに驚かされ

ています。

「このとんぼどれかな?」

「これじゃない?」「似てるね!」

不思議そうな年少さんです。

 

 

 

 

 

 

子ども達のきづき

少し弱ったオニヤンマをきりかぶの穴に

おいてあげた年長さん。

みんなで考え合っていました。

おじいちゃん先生が捕まえてくれたオニヤンマ。

その大きさや偉大さに驚いていました。

貼り出してある図鑑の絵と同じだということに

気づいていました。

オニヤンマが図鑑のどれと同じかを考えて

います。子ども同士で発見しています。

図鑑は常に子どもたちのバイブル本です。

いろいろな形のトンボが飛んできます。

必ず「これはなんていうトンボかな?」

と言って調べています。

 

 

 

 

事例に対する保育者の思い

森の桜の大木で羽化したオニヤンマ。

子どもたちはこんなに大きなトンボに

出会えています。きれいな緑の目、黄色と

黒のコントラスト、すべてに興味津々です。

これからもたくさんの発見をしていくこと

でしょう。

子どもたちの発見に寄り添いながら、丁寧に

優しく関わっていきたいと思います。

あずみのしりつありあけのもりにんていこどもえん 安曇野市立有明の森認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 桑嶋 由起子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.9.17
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明2105-274
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-83-2104 
FAX : 0263-83-2104 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 26人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ