土 植物・生物 人・地域 散歩にでかけよう!

2019年12月5日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域
年 齢:
3歳児
ねらい:
○秋の自然に触れ、興味を持つ。
○友達や保育士と秋に親しみを持つ。
○自然の変化に気づき友達や保育士とイメージを共有しながら会話を楽しむ。

活動内容

いつもの散歩コースも秋の景色にかわりました。

春、おたまじゃくしを捕まえた田んぼを通ると

 

「ねぇ、おたまじゃくしさんがいた田んぼだね!」「おたまじゃくしさんいないね。」

「かえるさんもいないね。」「どこにいっちゃったのかな?」

「草の中にいるんじゃない?」「土の中にかくれてるかも?」

と友だちと口々に想像をめぐらせる子どもたち。

おたまじゃくしもかえるも本当にどこに行ったのでしょうか。

しばらく歩いていくと、何かが動きました。

「何か音聞こえるよ?」「がさがさ言ってる。」

林の中で聞こえる音に驚き、そっとそっと歩きます。

担任の先生が林の中に入ると・・・。

林に入っていくへびを発見。先生が「へびいたよ!」の声に

驚き退く子どもたち。

「へびさん、僕たちがかえるになったことわかったんじゃない?」

「かえるのにおいがしたかもね。」

「へびさん、脅かしにきたかもね?」

「運動会のへびさんだったんじゃない?」

「オレンジ色だったもんね。」

「怖かったよね~!」

驚いたけれど、友だちとかえるやへびの話で盛り上がりました。

「食べられなくてよかったね。」

帰り道、「あの林にへびさんいたよね。」

「また出たらどうする?」「逃げる?」

「かえるのにおいがしたらばれちゃうかも?」

「音がしないようにそっと歩いていこう。」

と帰り道も林の中、田んぼを気にして歩く子どもたち

でした。

 

 

 

子ども達のきづき

春、散歩に出かけて田んぼでおたまじゃくしを捕まえ飼い、かえる

を田んぼに逃がしに出かけました。

その経験から、「999ひきのかえる」のお話を楽しみ、おたまじゃくしや

かえる、へびの鬼ごっこや引っ越しゲーム、ごっこ遊びなど楽しんできた年少児。

運動会ではかえるのリズムを楽しみ、うそっこのへびが登場して逃げたりして

遊んできたことが、今回の散歩で本物のへびに偶然遭遇し、子どもたちの中で

自然界と想像の世界が重なった瞬間となりました。

わくわくどきどき、いろんな思いが言葉となりました。

事例に対する保育者の思い

子どもたちの発見や気づき、言葉を拾いながらの散歩。

四季折々、散歩に出かける中で、子どもたちの気持ちに

寄り添うと本当に様々なことに驚かされます。

子どもたちの言葉にいろいろなイメージが広がり、友だちと

遊んできたことがもっと膨らんで楽しい驚きがあると感じます。

自分たちがかえるになったことと現実が重なる経験となりました。

子どもたちは心の中で何とつぶやいて思いをめぐらしていたのかなとも

思います。

 

あずみのしりつありあけのもりにんていこどもえん 安曇野市立有明の森認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 桑嶋 由起子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 2009.9.17
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8301 安曇野市穂高有明2105-274
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-83-2104 
FAX : 0263-83-2104 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 26人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ