植物・生物 人・地域 🌳鬼は外!

2024年2月6日

テーマ:
植物・生物/人・地域
年 齢:
全園児
ねらい:
・節分を体験する。
・自分の中の鬼を退治する。

活動内容

「鬼は柊とイワシが嫌いなんだって!」

紙芝居を見て知った子ども達は、豆まきの前日、鬼が来ないようにするには・・・と考えて

保育園の入り口という入り口全部に、柊とイワシを飾りました。

「イワシ、くさいね」

「これで鬼は来ないはず!!」

 

豆まき当日。

「鬼退治するぞ!」「鬼、ほんとに来ないかなぁ」

それぞれの思いを持って登園してきた子ども達は、お面をかぶって遊戯室に大集合!

これから豆まきごっこです。

 

保育士が「すみれさん(未満児)は、紙をちぎって貼ったんだよ」と紹介したり、

幼児組さんは一人一人が「私は〝いうこときかない鬼〟をやっつけたいです!」など、自分の心の中の鬼を発表したりしながら、みんなのお面を見せ合いました。

「じゃあ、心の中の鬼をみんなで退治しよう!」

豆まきごっこの始まりです!

 

「鬼は~外!」「いじわる鬼あっち行け~!!」と、新聞紙で作った豆を投げて、

自分や友達の心の鬼を退治していました。

すみれ組さんも、一緒に新聞紙豆を投げて楽しそうです。

自分のお部屋にも、豆まきをしよう!と、お部屋に帰ったところに

鬼が登場!!

「鬼は外~!!」

「鬼は外~!!」

勇気を出してたくさん豆をまいたら、鬼は逃げていきました。

「柊もイワシも飾ったのに、何で鬼が来たんだろう・・」

「あ・・!遊戯室の戸には飾ってなかったから、鬼が入ってきちゃったんだ!」

「すみれさんのところに鬼来なかった?」

「きたよー」

「えー!?なんで?柊もイワシも飾ったのに??」

子ども達は、なぜ鬼が来たのか考えました。そしてひらめきました!

「あ!!鬼はイワシを焼く匂いが嫌いって、紙芝居で見たよ!イワシ焼けばいいんじゃない?」

そこで・・・

園庭でイワシを焼くことにしました。

 

「なんかいい匂いがするね」

「もう鬼が来ませんように」

 

焼いたイワシの頭を柊に刺して。よし、できた!

鬼が絶対に来ないようにするには、どこに飾ったらいいかな。

みんなで相談して決めよう。

「玄関に飾ろうよ」

「下に置けばいいんじゃない?」

「でも、下に置くと風で飛ばされちゃうよ」

「どうする・・?」

話し合うこと10分。

自分たちの保育室の前に1本、

すみれ組のテラスの入り口に1本、

玄関に1本。

これでもう大丈夫!

〝鬼に絶対に来てほしくない!〟という強い思いが感じられる配置でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

子ども達のきづき

・大きな声を出して新聞紙の豆を投げるの楽しいな。

・自分の中の鬼って何だろう。

・鬼の嫌いなものは、柊とイワシなんだよね。

・大きな声で「鬼は外!」って豆を投げたら、鬼が逃げていくね。

・鬼はイワシが焼ける匂いが嫌いだけど、僕たちにはおいしそうな匂いだよ。

 

 

事例に対する保育者の思い

保育士が、自分の経験を織り交ぜながら「こんなことしちゃって『あ~あ、またやっちゃった・・』って思う時があるんだよ。みんなもそういう時あるかな?」と幼児組の子ども達に問いかけてみたところ、「僕も怒っちゃう時あるよ」「私もママの言うこと聞かない時ある」等、〝自分の中にいる鬼は何か〟を考えたり、友達がやっつけたい鬼のことにも耳を傾けている姿がありました。

また、未満児さんは、お兄さんお姉さんと一緒に豆まきを楽しみながら、日本の伝統行事を体験する機会になりました。

今年も保科保育園にたくさんの福が訪れますように。

 

 

 

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

ながのしほしなほいくえん 長野市保科保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 保坂 美保
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 1994.4.1
認定日 2016.10.12
区分 保育所
住所 〒381-0102 長野市若穂保科4972-4
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-282-3133 
FAX : 026-282-3133 
MAIL : hosina-hoiku@city.nagano.lg.jp
定員数 未満児 : 34人 3歳児 : 11人 4歳児 : 20人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ