本園の特徴

 常念岳を正面に臨み、山々や田園の情景、そして人々の暮らしから季節を感じるほどに自然豊かな環境にある認定こども園です。地域の方々の優しさに包まれ「明るく元気で心身共にたくましい子ども」「身近な人に大切にされる経験を通して周囲の人や物を大切にできる思いやりのある子ども」「自分の思いや考えを伝え相手の話も聞ける子ども」を目標に掲げ子どもたちの笑顔がさらに広がるように努めています。

News

ニュースはありません

もっと見る

植物・生物 空・天気 冬から春へ  季節の発見は宝物

2019年3月29日

テーマ:
植物・生物/空・天気
年 齢:
2歳児
ねらい:
・雪や氷に興味を持ったり触れたりして楽しむ。
・保育士や友達と一緒に春探しをし、自然の移り変わりに興味を持つ。

活動内容

今年は 雪が積もるのが待ちどおしい冬。

待望の雪が降ると 子どもたちは張り切ってスキーウエアを着て嬉しそうにお庭に飛び出していきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すぐに雪玉を作って投げる子 思わず雪の上に寝転ぶ子・・・

嬉しいな!気持ちいいな! 楽しいな!

全身で雪を楽しんでいます。

 

 

 

 

翌日には雪がとけてしまい「雪だるまとけちゃったね・・・。」と残念そう。

 

その後 暖かい日が続きお庭で遊んでた時 花壇を見てみると・・・

 

 

 

「なんだこれ?」「何か出ているね。」

それは12月に植えたチューリップ球根の芽でした。

 

「土のお布団かけてあげるからね。」「早く咲いてね・・・。」そう願って植えた球根・・・大きくなってきたね。

チューリップの花が咲く春はもうすぐ・・・僕たち 私たちも一つ大きいクラスになるよ。

子ども達のきづき

雪が少なく雪玉を転がすと土がついてきて・・・「雪だるまが茶色になちゃった~・・・。」

 

 

雪の上に寝転ぶと「フワフワで気持ちいい~。」とにっこり。

 

 

 

チューリップの芽を見つけた時

「チューリップの球根を植えたとき 優しく土のお布団かけてあげたよね。」と声をかけると思い出したようで チューリップの芽を見つめていた子どもたち。

 

チューリップの芽のそばに咲いていたオオイヌノフグリを見つけて

「小さいお花がある。」「(小さくて)うまくとれないよ。」

 

 

かわいい芽も オオイヌノフグリも 春の訪れを知らせてくれて子どもたちを笑顔にしてくれました。

 

 

事例に対する保育者の思い

今年の冬は貴重な雪・・・ 子どもたちは雪の感触やあそびの楽しさを感じました。

 

その後 雪がとけて日差しの暖かさを肌で感じ チューリップの芽の生長やオオイヌノフグリを見つけて 季節の変化を感じることができました。

 

安曇野の自然は季節を感じさせてくれる発見がいっぱい。

これからも身近な自然に目を向け 季節の移り変わりを楽しんでほしいと思います。

あずみのしりつみなみほたかにんていこどもえん 安曇野市立南穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 平川 美智子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1953.10.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8202 安曇野市豊科南穂高2856
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-1431 
FAX : 0263-72-1431 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 40人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月・火・水・木・金・土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる