空・天気 あめのひ さんぽ

2016年8月16日

テーマ:
空・天気
年 齢:
4歳児
ねらい:
・雨の日の散歩を楽しみ、友達や保育者と共感することを喜ぶ。
・雨の日ならではの自然や風景に関心をもつ。

活動内容

DSCF2804

今日は雨・・・でもお外に行こう!!おうちの方にかっぱの用意をお願いしておいたから大丈夫。今日はすてきな「あめふりさんぽ」

DSCF2799

お天気の日にみんなで泥で遊んだ場所。すごい大きな水たまり。

でも大丈夫。長靴履いてるもん!!かっぱだって着てるもん!!

DSCF2789

ワーッ!水路もできてる。掘ってみようか??

流れた、流れた!!

DSCF2810

木に穴があいてるよ。誰かが住んでいるのかな??

「なにか、見える??」

DSCF2813

「なにか いそうだよ」

近くにあった小枝を見つけてほじほじ・・・

DSCF2803

「こんなちっちゃなしずく。葉っぱの上にのっかっているよ。ほら先生」

子ども達のきづき

DSCF2776

雨のなのに外に行くの??と不思議そうに答える子ども達。おうちの人にかっぱを用意していただいて、出かけました。

雨の中を歩く経験のない子ども達。同じ景色なはずなのに、まるで違ったところにいるかのようにウキウキ状態でした。

「あっ!!」の声・・・・そして指さし「ほら」・・・・

友達が集まってきて指先の先をみんなが見つめるその瞬間。素敵な時間。

 

かっぱに落ちる雨の音を聞きながら「雨の日ってこんなに静かなんだね」

大きな水たまりにうつる空・・・等々みんなで同じものを見て共感していました。

 

事例に対する保育者の思い

DSCF2819

いつもと違う散歩の体験。

お天気に歩く散歩もいいけれど・・・

いつもと同じ景色のはずなのに、感じるものが全く異なり、子どもたちのその発見や感動する心はまるで踊っているようでした。

雨の日もお天気の日も、自然を感じる子どもたちの心はほんもの。

雨の日だから、おさんぽもいいね。

子ども達からその大切さを学んだのはもしかすると、私たち大人なのかもしれません。

感じないのでは無くて、感じる機会が少なすぎるということ。

あずみのしりつみなみほたかにんていこどもえん 安曇野市立南穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 平川 美智子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1953.10.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8202 安曇野市豊科南穂高2856
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-1431 
FAX : 0263-72-1431 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 40人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月・火・水・木・金・土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ