土 植物・生物 水 空・天気 人・地域 食 あぐりの田んぼ 稲刈り

2018年10月8日

テーマ:
土/植物・生物/水/空・天気/人・地域/食
年 齢:
年長児と親子
ねらい:
・危険のある事(稲刈り鎌の扱い方、田んぼ裏の崖からの落下等)を知らせ、安全に活動できるようにする。
・親子で稲刈りを体験し収穫を喜ぶ。
・収穫の大変さを知り、食べ物のありがたさを感じる。

活動内容

10月8日にあぐりの田んぼの稲刈りを行いました。「あぐりの田んぼ」とは、地域の方にご協力をいただいて、竜丘保育園の年長さんとその保護者で田植えや稲刈りを含めお米作りを体験をさせていただいている田んぼのことです。
この日も親子で一緒に稲刈りを行いました。一つの田んぼにうるち米ともち米の2種類を育てているので、種類が混ざらないように気をつけながら刈っていきます。地域の方に「稲穂が白っぽいのがうるち米、黄色っぽいのがもち米」と見分け方も教えていただきました。
いざ稲刈りです。初めて稲刈り鎌を使うのでドキドキ・・・地域の方に鎌の使い方を教えていただいて、お父さんやお母さんにも助けてもらいながら上手に刈ることができました。慣れてくると自分の力でどんどんと刈ることができるようになりました。

                 

刈り終わるとはざかけです。子ども達で次々束ねてある稲を運んでいきます。束を崩さないように、稲穂を汚さないように、とどの子も一生懸命でした。「疲れた・・・」という声もありましたが、おいしいお米を食べたい思いで最後までみんなで頑張れました。
途中、イナゴなどの小さな生き物との出会いがあったり、田んぼのぬかるみに足を取られて転倒したりもしましたが、それらの体験も含めて楽しい稲刈り体験となりました。

 

 

 

子ども達のきづき

・「もち米とうるち米の背の高さが違う」「お米(穂)の色もちょっと違うね」
・「稲の根元から刈るって難しい・・・」
・「稲刈り鎌って刃がギザギザだ」「指を切らないように気をつけて使おう」
・「葉っぱがチクチクしてかゆい!」
・「疲れた・・・」「稲刈りって大変。お家で機会を使ってならしたことあったけど」
・「稲を刈ったらイナゴがでてきたよ!」「ピョンピョン跳んで逃げられちゃう!」
・「ぐちゃぐちゃしてるところは歩きづらい!」「足がはまって抜けないよ・・・」
・「刈った稲は木の棒(はざ)のところにかけるんだね」「お父さんたち、稲を分けながらかけてる」

事例に対する保育者の思い

・稲刈りを体験する中でお米の収穫を身近に感じ、食べることに感謝する気持ちをもってほしい。
・親子の関わりを大切にしてほしい。
・地域の方との繋がりを知り、関わりを大切したり協力いただいていることに感謝の気持ちを持てるようになってほしい。

いいだしたつおかほいくえん 飯田市竜丘保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 後藤敦古
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和39年10月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0004 飯田市桐林378
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-26-8417 
FAX : 0265-26-8417 
MAIL : ns-tatuoka@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~16:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ