人・地域 食 つくる おいしいカレーができました!

2018年10月15日

テーマ:
人・地域/食/つくる
年 齢:
異年齢
ねらい:
・野菜の生長に関心を持ち、収穫を喜ぶ。

・野菜や食材への興味を持ち、調理を楽しむ。

・地域の方々との触れ合いを通して親しみの気持ちを持つ。

・地域の方々、異年齢の子どもの関わりを持ちながら食事を楽しむ。



活動内容

春 今年の畑活動が始まりました。 「こんにちは!」「お~お~よく来たよく来た 待ってたぞ~!」 おじいちゃん達が畝を作って待っていてくれました。

「このじゃがいもゴツゴツだね」「このゴツゴツから芽が出るんだってさ」

一人一人丁寧にじゃがいもの植え方を教えてくださいました。

玉ねぎってこんな風に生えてるんだ!初めて知った子ども達。 「お兄ちゃんがが手伝ってあげるね!でもなかなか抜けないな~手ごわいぞ」

年少さんはピーマンをちぎって、玉ねぎの皮をむきました。 「わ~僕の指もピーマンマンの匂いになっちゃった」

「玉ねぎって皮をむくだけでも涙が出ちゃう」

年中さんはズッキーニを切りました。「キュウリに似てるね!左手は猫の手にして…」緊張しながらも上手に切れました。

年長さんはじゃがいもとにんじんを切ります。「まあるいから切りにくいな~」「にんじんは思ったよりも固いよ!」落ち着いて、慎重に切れました。さすが年長さん

玉ねぎのおじちゃんです。「自分で掘った玉ねぎは上手いずら~」 「うん!おじちゃんおいしいね。」

ジャガイモのおじいちゃん「今年は豊作だったでな~ホクホクしてうんまいな~」「これはぼくがむいたたやつだよ」

カレー会の終わりに、おじいちゃんが自慢のハーモニカで夏の歌を色々とと吹いてくれました。子どもたちもハーモニカに合わせて口ずさみ、楽しいカレー会となりました。

子ども達のきづき

・おじいちゃん達から「じゃがいもの種いものゴツゴツしたところから芽が出るんだよ。」と教えてもらいとても感心した子ども達。後日畑に行くとジャガイモの葉っぱがワサワサと風に揺れていました。その葉っぱが黄色くなるころが収穫時期だとお聞きし「また畑に来る頃は黄色くなってるかや~」と、楽しみに待つことできました。

・玉ねぎが簡単に掘れると思っていたのに実際に掘ってみるとなかなか掘れない…「玉ねぎは手強いぞ!」と、体験して初めて分かったようでした。

・クッキング体験をしたことで野菜独特の匂いを感じ、玉ねぎに触れ涙が出ることを知ることができました。

・包丁の使い方を知り、野菜の硬さや柔らかさがわかりました。

事例に対する保育者の思い

・地域の方の力をお借りし、野菜の生長を観察し収穫する喜びを味わうことができ子ども達に貴重な経験をする機会ができることに感謝の気持ちを持つことができました。

・地域の方を招待したことで、より一層嬉しさとおいしさが膨らみました。

・長年続けている交流をこれからも続けていきたいとあらためて感じました。

・子ども達は自分の手で収穫した野菜を使って調理をすることでカレー作りに関わり、おいしさが増したのだと思います。

 

 

あずみのしりつたつみにんていこどもえん 安曇野市立たつみ認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 横川 尚子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1982.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8204 安曇野市豊科高家151-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-5445 
FAX : 0263-72-5445 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 20人 4歳児 : 27人 5歳児 : 28人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ