土 植物・生物 空・天気 つくる おひさまあったかーい!

2018年2月26日

テーマ:
土/植物・生物/空・天気/つくる
年 齢:
年中児
ねらい:
・日の暖かさや季節の移り変わりに気づく。
・春の植物に興味関心を持つ。
・自分の気づいたことを友達に伝える。

活動内容

外で遊んでいると年長さんの部屋から卒園式の歌が聞こえてきました。年長さんの部屋の前でしゃがんで聞いていた年中組。

ふと下を見ると青い小さなお花が…!「先生!お花が咲いてる!」

思わず摘んで近くにいる友達や保育士に見せに回って玄関に飾りました。

小さい春を見つけました。

 

その隣ではおだんご作りが始まりました。

「鉄だんご作るんだ!」

「ここの砂がさらさらしてて最高なんだよ!」

本当に日差しの暖かい日でした。少し水を出して泥を作ってあげると「泥だんご作りたい!」

と子どもたちの間でその声が広がりました。

「白いさらさらした砂を探すといいよ」と保育士の声にあっちでもないこっちでもないと園庭を探し回りついにお山の所にいい砂をみつけました!

あとから出てきた年長さんが「なに作ってるの?」と聞くと、「泥だんご!作り方教えてやるに!」と自信満々に自分たちが作ってきたやり方を教えていました。

「ねぇ明日もやりたい!とっておいて!」と明日からも鉄だんご作りに精が出そうです。

子ども達のきづき

オオイヌノフグリの場面にて「あ!小さな花がある!」「これはオオイヌノフグリっていうんだよ」「ほかにもあるかな?」「あ!蕾があったよ!」「春だ春だー!!」

泥だんご作りにて「そっと持たないと割れちゃうよ!」「茶色い砂は濡れてるから白い砂を見つけるんだよ」「タオルでこするとピカピカになるよ」

事例に対する保育者の思い

春の植物を見つけたとき、思わず友達や保育士に伝えようとする姿があり、心が思わず動くとはこういうことなんだと感じた。自分の見つけた植物の名前がわかったのも嬉しかったのだと思う。これからも身近な植物は特に名前も添えて教えてあげたいと思う。

泥だんご作りでは根気のいる遊びだったがどんどん周りの子が出来上がる泥だんごをみて遊びに加わってきた。力加減、砂の性質の違いなど自然と子どもが見分けて遊べている姿があった。「また明日もやりたい!」と明日以降の遊びにつながる思いを大切にし、環境を整えていきたいと思う。

冬場はやっていなかったおだんご作りが始まりました。砂の温かさを素手で感じていて、子どもは体全身で春の訪れを感じているんだなぁと思いました。

いいだしかなえみつばほいくえん 飯田市鼎みつば保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 栄子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 平成9年4月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0804 飯田市鼎名古熊2339
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-53-3277 
FAX : 0265-53-3278 
MAIL : ns-mituba@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 36人 4歳児 : 36人 5歳児 : 36人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ