本園の特徴

<保育目標>
 健康でたくましい子ども 明るく挨拶のできる子ども
 話をよく聞く子ども
<給食目標>
 みんなで楽しく食事をしよう 正しい食事のマナーを身につけよう

1 基本的な生活習慣を身につけ、心地よい生活を送る。
 (着脱、排泄、睡眠の自立)
2 豊かな人間性と健やかな心身を育む。
 (豊かな自然を取り入れた保育・食育への積極的な取り組み、地域の方と親子米作り体験、野菜作り、楽しい食事、感謝の心、地元食材の取入れ)
3 地域との交流
 (未就園児交流、地域老人自由学校の方との交流、中高ボランティアの受け入れ、米作り指導あぐりの方との交流、田んぼ周辺の虫講座の先生)
4 田んぼ活動を通じて、地域の方や保護者とともに食農体験をし、”食”への関心を高める。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 水 空・天気 人・地域 大きいおたまじゃくしがいたよ!

2020年6月18日

テーマ:
植物・生物/水/空・天気/人・地域
年 齢:
3歳、4歳、5歳、6歳
ねらい:
おたまじゃくしを見て知ろう。
おたまじゃくしを捕まえてみよう。

活動内容

朝フェンス越しにプールにおたまじゃくしがいることを見つけた年長児、友達同士で知らせ合い田んぼにいたおたまじゃくしより大きいことを話していた。

年少児が年長児の様子に興味を持ち一緒におたまじゃくしを見て「大きい」と喜んでいた。

年長児は「捕りたいな!」「でも入ってはだめじゃないの」という話をしつつあきらめムードになっていた。

その様子を見ていた保育士が、「捕まえたいの?」と聞くと「捕りたい」というので、「プールを開けるから、あとは自分たちでいるものは用意してね」

というと、すぐバケツやらカップやら網やらを用意する子供たち。

プール開けると早速おたまじゃくし取りを楽しむ。

年少さんも捕まえたおたまじゃくしを見たり、もっていたシャベルですくおうとしたりする。

 

プールで何やらしていることに気がついて子供たちがプールに入って様子を見に来たり、我も我もとおたまじゃくしを取ろうと楽しめた。

 

年少児も取りたくて挑戦はするが、すくえるものとして手に持っていたシャベルですくっていた。

 

「おおきいね」「かわいいね」見て満足している子、捕って満足している子といた。

 

子ども達のきづき

そーっと行かないと逃げられてしまうこと。

プールの真ん中に逃げていくことや深く沈んで逃げてしまうことを知った。

水を通す網や穴の開いたものが捕りやすいこと。

自分で捕れない子は大きい人に取ってもらうこと。

下に行っちゃうから長いシャベルで捕ろうとしてみた。

 

 

事例に対する保育者の思い

子供が発見し心が動いたことに保育士は気づいた時に、すぐ体験できることで意欲やそこに向かう気持ちが持てると思う。

前回の田んぼとは違い、周りからしか捕れないからこそどうやったら捕れるのかを考えることができていたと思う。それは道具であったり、捕り方、体勢や素早さも大事になってくる。

いいだしたつおかほいくえん 飯田市竜丘保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 後藤敦古
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和39年10月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0004 飯田市桐林378
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-26-8417 
FAX : 0265-26-8417 
MAIL : ns-tatuoka@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 25人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~16:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる