本園の特徴

・犀川のすぐ近くで、虹鱒も泳ぐほど水のきれいな湧水池や公園、山も近くにあり、その自然を生かして散歩に行ったり、虫や小動物との触れ合いもできる。
・園庭も広く、泥、砂、水を使ってのびのび遊ぶことができ、山雅や地元クラブのサッカー教室を園庭で楽しむことができる。
・畑も園の敷地内にあるので、学年毎様々な作物を育て、収穫し、給食に入れてもらい食育活動を行っている。
・園児数も以上児は2クラスずつあるので、ゆったりとしたクラス編成になっていて、姉妹クラスでの活動も多く、異年齢交流が自然にできる。
・1園1校で、小学校、中学校も近く、幼保小の連携も密に行っている。
・運動遊びを日常的に保育に取り入れ、年4回は専門の指導員の指導を受け、心身発達に役立っている。
・園庭開放を行い、未就園児との交流や保護者の子育て支援をしている。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 空・天気 人・地域 雪遊びをしたよ

2021年3月2日

テーマ:
土/空・天気/人・地域
年 齢:
3歳児
ねらい:
・冬の自然に触れ、興味・関心を持つ。
・友だちや保育士と一緒に雪遊びを楽しむ。

活動内容

待ちに待った雪が積もり、朝からウキウキしていた子どもたち。

スキーウェアを着ると、園庭に次々と飛び出していきました。

「おにわが真っ白だ~」

「なんか気持ちいい!」

お日様が顔を出すと、雪はすぐ溶け始め、

茶色くなった築山。

だけどそりすべりしたい!!

雪が残っているところを見つけて

友だちと順番にそりすべり。

一人でもできるよ、と得意げな顔。

あれ?途中で止まっちゃった。なんでかな?

そりがなくても すべっちゃうよ。

私はおなかですべってみよう!

 

友だちと一緒にすべればスピードでるかな?

みんなで肩につかまってすべってみよう。

 

ゆっくりだけどジェットコースターみたいで楽しい!

もう一回 すべろうよ!

 

雪玉も作ってみよう。

そおっと そおっと まあるく まあるく・・

見て 見て できたよ!!

みんなでたくさん作ろう。

 

作った雪玉をブランコの上に集めて・・・

「雪合戦の準備だよ!」

でも、雪玉を作るのが楽しかった子どもたち。

投げることなく、そのままブランコの上に

残っていました。

 

子ども達のきづき

「あ、誰の足跡だろう。探してみよう!」

年長さんが作ってあった雪だるまを見つけて

「雪だるまの家族だね。」

[お砂と混ぜたら 色が変わるよ。」

毛糸の手袋だとくっついちゃうな。

なんでだろう?

 

事例に対する保育者の思い

雪の園庭へ飛び出していくなり、それぞれが夢中になって遊び出しました。

 

 

 

冬ならではの自然に触れ、楽しさを友だちと共感しながら遊び、

不思議さや面白さを感じてほしいと思いました。

 

あずみのしりつあかしなみなみにんていこどもえん 安曇野市立明科南認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 滝沢 真紀
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1976.4.1 
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-7102 安曇野市明科中川手2924-2
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-62-3955 
FAX : 0263-62-6225 
MAIL : m.mizutani@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 18人 3歳児 : 40人 4歳児 : 50人 5歳児 : 50人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる