土 植物・生物 食 🍀にんじんの収穫

2022年9月1日

テーマ:
土/植物・生物/食
年 齢:
4歳児
ねらい:
・自分たちで種まきをした人参の収穫を楽しむ。
・収穫した人参を給食でいただき食への関心をさらに高める。

活動内容

人参の葉がぐんぐん成長し人参が収穫できそうです。いざ、りす組さんが畑に向かいました。

想像以上にしっかり色付いた人参ができました。「ほら見て!僕の抜いた人参」

「私たちのも見て・・」

事務室にも見せに来てくれました。かわいい人参にほっこり(o^―^o)

収穫した人参は今日の給食(おでん風煮・小松菜のお浸し・くだもの)の中に・・。

そして、恒例の放送局。いつもは給食時におひさま組が園内放送で「おひさま放送局」をやってくれます。ふだん、それを聞いていたりす組さん。今日はりす組さんの番です。♬張り切っています。♬

「畑でとれた人参です。今日の給食にはいっています。食べてください。」

今日の給食はいつも以上に美味しかったようです。みんなのお顔を見ればわかります。

✨✨人参効果✨✨ですね・・。

 

子ども達のきづき

人参の葉を見て「なんだか人参のにおいがする・・☻」

給食時、「やわらかくておいしい!」

「いつもより、人参を好んで選び食べる子が多かったような・・。」(担任談)

事例に対する保育者の思い

今夏は早くから暑い日々が続き、なかなか畑のお世話が継続してできませんでした。でも、子どもたちの気持ちは種まきした野菜たちに注がれていたんです。常に気にかける子たちがいました。そんな気持ちが通じたのか、今回の収穫につながりました。掘り出すたびに濃いオレンジ色の✨✨人参✨✨が出てきました。形は様々ですがどれもこれも、大事なりす組さんの人参たち。今日の給食の味はいうまでもありません。一連の体験ができるこの環境に感謝の一日でした。

後日談「人参の葉にアゲハチョウは今回は来なかったですね・・・。少し期待していたのですがね」と担任。先生たちは、そこから広がる色々なな体験を期待しながら仕掛けているんです。そして、今日も何か考えてる向きが!何でしょうか?それは、後半の保育のお楽しみです。

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

さくしりつなかごみだいいちほいくえん 佐久市立中込第一保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 保科美代子
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1951.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0051 佐久市中込3-24-5
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-62-0644 
FAX : 0267-62-0644 
MAIL : n-daiichi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/nakagomi1.html
定員数 未満児 : 28人 3歳児 : 20人 4歳児 : 21人 5歳児 : 21人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ