土 植物・生物 鬼ヶ島(麻績城跡)に行こう!

2021年6月1日

テーマ:
土/植物・生物
年 齢:
3歳~5歳児
ねらい:
・自然の中でイメージを膨らませ遊びを楽しむ。
・異年齢の関わりの中で互いの発見や驚きを共感する。

活動内容

・昨年年少児(現年中児)がよく遊びにいっていた麻績城跡に異年齢クラスで出かけます。

・前日に出かけたときにたくさん穴が空いているのも見つけた子ども達、棒でつついては「何が住んでいるんだろう?」

「もぐらだったりして・・・。」「ヘビ?ゴリラ?・・・」と想像してわくわく。「スコップを持っていこう!」と

今日はスコップを持って張り切って出かけました。

子ども達のきづき

「案内は俺たちに任せて~!」と年中児が先頭に立って皆を連れて行きます。

でも、鬼ヶ島の手前では「○○ちゃん鬼おらんか見て~」と不安そう。

 

なんか硬いものがあるよ。」スコップで掘って行くと何かが・・・

「よし、俺たちに任せて‼」とがんばって引っ張ります。

「あったよ~!」

皆が何が出てくるかとドキドキしながら掘っていると最中だったので、「ね、ねずみ~?」とビックリ‼

探し当てたのは長~い根っこ。これが本当にしっぽに見えるのです。

掘るのに夢中で、気が付いたら靴底に5㎝ぐらいの泥がついていて、

「ぞうさんの足みたいになっちゃったー。」

この棒で、穴をこちょこちょ~ってしたらもぐらがくすぐったい~って出てくるかも・・・」

(穴をこちょこちょ・・・)

「出てこんなぁ~。もぐらさんは今、お散歩ってことな。」

帰り道は急な下り坂、年少の女の子が「すべっちゃう~。」と困っているとすかさず戻って肩を組み、

「これなら歩ける?」と一緒に降りてくれた年長さん。

皆のところに追いついて「最高~!いっぱい歩くのって大好きなんだよね~。」と女の子。

迎えにきてもらってうれしかったんですね。

事例に対する保育者の思い

・土の上に空いた穴一つにも子ども達はいろいろな想像を巡らせてドキドキ・ワクワクする姿を保育士は前に出すぎず見守りながら一緒にイメージを膨らませていきたい。

・異年齢の子ども達の関わりの中で、年長児がしてあげるだけではなく、年中、年少の思いややりたいことを大事にしている様子やそれでも困っているときは自然に手をかしている姿があり保育士に言われて行う行動でなく、子ども自らの行動に成長を感じる。

いいだしざこうじほいくえん 飯田市座光寺保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 野神 美穂
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 平成17年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0001 飯田市座光寺1716
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-22-1147 
FAX : 0265-22-1147 
MAIL : ns-zakouji@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 28人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ