人・地域 新入園児歓迎会

2021年4月26日

テーマ:
人・地域
年 齢:
年長児
ねらい:
年下児のことを考えながら友達と歓迎会の準備をする

活動内容

遊戯室の飾りつけに

一生懸命

とっても真剣です。

「みんな 喜んでくれるかな」

「それ可愛いね!」「ぼくもやろっと」

「上のところ、とどかない、、、どーする?」「椅子使えばとどくかな?」

「セロハンテープくっつかないよ~」「かして!やってあげるよ」

出し物に使う屋台も

”こんな飾りつけにしたい”

と自分たちで考え何日もかけ作りました。

みんな堂々と司会進行!!

「あー緊張した」

手作りのプレゼントを渡したり

〇✕クイズも楽しみました。

〇✕クイズをやりたいと計画を立て

自分たちで問題を考え、

絵を描き、進めていました。

歓迎会は大・大・大成功でした。

子ども達のきづき

昨年度の年長さんの姿を見ていたり、

保育士の出し物で楽しかったものを自分たちでもやろうとしたり、

何をやりたいか、どうやればよいか、みんなで考えて進めていました。

その中で、自分たちが楽しいものと年下の子の楽しめることはどんなことなのか考えている姿がありました。

「これ小さい子できるかな?」「やるのやめとく?」「でもこれやりたいよ」と話し合っていましたが

なかなか決まらず、話し合って決めるのって難しいな~という経験をしていました。

事例に対する保育者の思い

歓迎会でどんなことをしたいか子ども達に聞いてみると、アイディアがたくさん出てきて、子ども達のやりたいという気持ちを強く感じました。しかし、今まで話し合って活動を決めたり、先頭に立って準備を進めたりという経験が少なかったため「どうしよっか、、、」と悩んだり、自分のやりたいという気持ちを通そうとしたりして内容がなかなか決まりませんでした。『なぜ歓迎会をするのか』『それを達成するためにはみんなはどうしたらよいか』というところに立ち返って子ども達と考えると、子ども達は一生懸命考えて意見を出していました。一人一人がたくさん良い考えを持っていて、尚且つそれを認め合える仲間関係があるので、友達の考えを聞いたり、自分の考えを出したり、折り合いをつけながら同じ目標に向かっていくという経験が出来た活動になりました。

ながのしてらおほいくえん 長野市寺尾保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 宮沢 和雄
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 1968.4.1
認定日 2020.10.1
区分 保育所
住所 〒381‐1213 長野市松代町小島田3571
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐278‐3648 
FAX : 026‐278‐3648 
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 人 4歳児 : 人 5歳児 : 人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ