植物・生物 水 つくる お花のジュース作り

2020年9月23日

テーマ:
植物・生物/水/つくる
年 齢:
2歳、3歳、4歳、5歳
ねらい:
・身近な植物を用い、季節を感じながら遊びを楽しむ。
・自然物による色の美しさ、色の変化に気づき、試したり楽しんだりする。

活動内容

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

園庭にたくさん朝顔が咲き始めました。

「きれいだねえ。」「欲しいな。」

「ひとつもらっちゃおう。」

 

 

 

 

 

 

 

4歳児クラスは昨年の経験から

「これで色水できるんだよ。」と、しおれた花を取り始めます。

「もう、お花が咲いて、終わりだよーってなったのを

使うんだよねー。」

 

 

 

 

 

 

 

「お水をいれて、ゴシゴシすると色がでるよ。」

「きれいな色!!」

 

「私青ジュース。」「ぼく、ぶどうジュース。」

「ペットボトルに入れようよ。」

と、出来上がった色水を入れていきます。

 

「赤と白を混ぜたらピンクになるよ。

「青と、赤を入れたら紫になるよ。」

子ども達のきづき

「お水をたくさん入れると、色が変わるよ。」

 

 

 

 

 

 

「こんなにできたよ。ぼくのジュース。」

 

 

 

 

 

 

 

同じ朝顔の花を入れても微妙に発色が違い、それぞれ〝ぼくの”〝私の”ジュースができました。

「クローバーは色が出ないねえ。」「いいの、これは緑ジュース」

植物によっては色が出やすいもの、出にくいものがあることも体験できた様子です。

ぼくは黄色いお花でつくったんだー! ゴーヤのお花でも色水ができました。

 

 

 

 

 

 

 

「ぼく あお!」「 オレ むらさき!!」

 

 

 

 

 

 

 

「きれいでしょ。」「おうちにもってかえるんだ。」

 

事例に対する保育者の思い

自然ならではの色の美しさを感じ、この時期ならではのあそびができたのがよかったと思います。

大きい組さんに刺激され、「私もおねえちゃんたちのみたいなの欲しい。」と、小さい子達も真似をして遊び始めました。

子どもたちの興味が広がっていくことができ、園で様々な学年と関わるからこその遊びの広がりを大切にしたいと感じました。

あずみのしりつとよしななんぶにんていこどもえん 安曇野市立豊科南部認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 須澤 清恵
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1957.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8205 安曇野市豊科369-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-0862 
FAX : 0263-72-0862 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 24人 3歳児 : 40人 4歳児 : 50人 5歳児 : 50人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ