火 人・地域 食 木と木を擦ると…【飯田市立座光寺保育園】

2019年1月28日

テーマ:
火/人・地域/食
年 齢:
全年齢
ねらい:
昔ながらの火の点け方を知り、自分たちもやってみる

活動内容

る日、年長が神社に散歩に出かけると数名の男児が落ち葉と木を集めてゴソゴソ遊んでいました。「こうやって木を擦ると火が点くんだよね」「うん、点くよ」「待って、この木じゃ点かないんじゃない?たしか、モジャモジャの葉っぱだったような…」「そうだ!うちのおじいちゃん火おこし名人だから聞いてみる!」とその子のおじいちゃん(片桐さん)に聞いたところ、保育園で火おこし体験をさせてくださると!!子どもたちが片桐さんにいるものを聞くと麻紐を解したモジャモジャ沢山作っておいてと頼まれ早速作業に取り掛かり明日を楽しみにしました。

火おこし当日、片桐さんと片桐さんと公民館からみついさんも来ていただきました。

早速、実演を見る子どもたち。

 

「なんか、燃えてる??」「焦げ臭いよね」「うわ!!煙だ!」と、食い入るように見守ります。

 よし!じゃあ下板を踏みながら、いっしょに動かしてみよう 

思ったより力がいるんだね!ふたりでやってみようよ!

二人でやるとタイミングを合わせるのが難しいけど早く煙が出るよ!

 

 上をぎゅうっと押して力合わせて擦るんだぞ

力いっぱい抑えても、ぐらぐらしちゃって難しいな・・

棒の上の辺を抑えると安定するぞ

ふぅんとだ!!!スイスイ擦れるよ!すぐに点きそうだ!

 ついた小さな火は薪の中へ入れて・・・

すると、火おこしを見ていた年中児と年少児がやってみたい二人組を作り参加‼‼「せんせい!!ギュッと押さえててよ!」「はいよっ!」

 

「○○くん、せーーーのっ!!」と年長児、講師の見様見真似で引いたり押したり押されたり引かれたり、なかなか出てこない煙に対して「疲れちゃうから早く出てきてー!」

 

 私は一人でやる!!   そーーーれそれー!!!

 

  みんなで熾した火で焼いた焼き芋も未満児さんへおすそ分け。

いつものお芋より何だかおいしいのは、どうしてかな?

子ども達のきづき

擦るくぼみの位置によって煙の出方が違うのかな?新しい使っていない穴のほうがすぐに棒がずれて難しかったな

どうして、火が出る前に、煙臭くなるんだろう ・煙が出てから火が点いて不思議だった

昔の子どもたちは、焼き芋するのも大変で可哀想だな・今度、たき火するときも自分たちで火を熾したい!!

 

事例に対する保育者の思い

  

ふとした、散歩中の一言、子ども同士のやり取りの中から、発展していき子どもたちや保育士も貴重な体験ができた。

生活の中にありふれている、【あたりまえ】の中に子どもたちを夢中にさせる起点があることを再確認し、保育士も学ぶ大切さを実感した。

 

いいだしざこうじほいくえん 飯田市座光寺保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 野神 美穂
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 平成17年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0001 飯田市座光寺1716
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-22-1147 
FAX : 0265-22-1147 
MAIL : ns-zakouji@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 28人 4歳児 : 40人 5歳児 : 40人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ