本園の特徴

園庭には桜の木やケヤキ、そしてくぬぎの大木があり、どんぐり、さくらんぼといた四季の変化も感じながら、自然環境の中で木登りをしたり、子どもたちは自分の遊びを見つけ遊びこむことができます。
園周辺は田園風景が広がり、その自然の中を散歩し、植物や虫、小動物にふれあい親しむことができます。
地域の方との交流を大切にし、地域に見守られて保育を進めています。
園外には広い畑をお借りし、じゃがいもやさつまいも、トマトを地域のお年寄りと一緒に育て、収穫した野菜でクッキング保育を行い、地域でお世話になっている方を招待しての交流会を行っています。
園内でも各年齢が様々な野菜を育て、食育活動に取り組んでいます。地域に出向き野菜の収穫体験をさせてもらうことができます。
伝承行事には、地域のお年寄りの方に参加していただき、子どもたちは昔ながらの文化に触れ体験することができます。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 水 空・天気 雪で遊んだよ。

2019年12月27日

テーマ:
土/水/空・天気
年 齢:
4,5歳
ねらい:
・冬の自然に触れ、友達と一緒に雪遊びを楽しむ。
・雪に触れて遊び、雪の冷たさや形を作る面白さを味わう。

活動内容

12月のある日、今年初めての雪が降りました。

「雪だ~!!」

嬉しそうに園庭に飛び出していった子どもたち。

 

「雪の布団だ~。」

うっすら積もった雪でしたが、嬉しそうに寝転ぶ年中うさぎぐみさん。

 

「まてまて~!!」「逃げろ~。」

友達と雪合戦をして楽しむ年長ぞうぐみさん。

 

「ここに目を付けて・・・」「赤ちゃん雪だるまにしようよ。」

女の子たちは、お友達と一緒に雪だるまを夢中になって作って楽しんでいました。

「雪だるま家族できたね。」

みんなが作った雪だるまが部屋の前にかわいく並びました。

「楽しかった~。」

たくさん遊んで体もぽかぽか温まり笑顔でお部屋に戻ってきた子どもたち。

 

「小さいぐみさんの雪も残しておいてあげようよ。」

園庭の雪が溶けて少なくなってきたのを見て、まだ遊んでいない小さいお友達のことを思っての優しいつぶやきも聞こえました。

 

 

子ども達のきづき

「おせんべい屋さんです。」「いろいろな形があるね。」

靴の型を見つけ、色々な形があることに気付きそれを使っておせんべい屋さんを始めました。

 

「重~い。」

転がすとどんどん雪がくっついて、大きな塊になりました。

事例に対する保育者の思い

・今年初めての雪に大喜びだった子どもたち。積もった量は少なかったのですが、ちょうど良い水気で固まりやすく、子どもたちならではのアイディアで楽しく遊ぶことができました。雪国で育っている子どもたちですが、年々雪の量が減り、思い切り雪で遊ぶ機会がなかなかありません。そんな中降った雪は天からの素敵な贈り物。触ったり、集めたり、寝転がったり、形を作ったり、たくさんの子どもたちの笑顔が見られ、私たち保育士もとても嬉しく楽しい気持ちでいっぱいでした。

あずみのしりつたつみにんていこどもえん 安曇野市立たつみ認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 横川 尚子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1982.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8204 安曇野市豊科高家151-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-5445 
FAX : 0263-72-5445 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 20人 4歳児 : 27人 5歳児 : 28人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる