本園の特徴

園庭には桜の木やケヤキ、そしてくぬぎの大木があり、どんぐり、さくらんぼといた四季の変化も感じながら、自然環境の中で木登りをしたり、子どもたちは自分の遊びを見つけ遊びこむことができます。
園周辺は田園風景が広がり、その自然の中を散歩し、植物や虫、小動物にふれあい親しむことができます。
地域の方との交流を大切にし、地域に見守られて保育を進めています。
園外には広い畑をお借りし、じゃがいもやさつまいも、トマトを地域のお年寄りと一緒に育て、収穫した野菜でクッキング保育を行い、地域でお世話になっている方を招待しての交流会を行っています。
園内でも各年齢が様々な野菜を育て、食育活動に取り組んでいます。地域に出向き野菜の収穫体験をさせてもらうことができます。
伝承行事には、地域のお年寄りの方に参加していただき、子どもたちは昔ながらの文化に触れ体験することができます。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

人・地域 つくる ものづくりをしたよ

2020年1月22日

テーマ:
人・地域/つくる
年 齢:
全園児
ねらい:
・地域の方と交流をしながら、季節の伝承行事を知る。
・米粉の感触、匂いなど五感を使って感じる。
・野菜や果物をイメージして形作ることを楽しむ。

活動内容

小正月の伝統行事である『ものづくり』を、地域のおばあちゃん方のお力をお借りして行いました。

「風邪をひかずに、元気に暮らせるように願いを込めて作るんだよ。」

ものづくりについての由来をわかりやすくお話しして下さいました。

子どもたちは、おばあちゃんのお話と作る様子に興味深々。

白い米粉に魔法のお湯をいれると・・・(米粉に食紅を仕込んであるのは子どもたちには、ひ・み・つ)

「わあ!色がついた!」子どもたちから歓声が上がります。

 

おばあちゃんに繭玉の形、野菜の形など、作り方を教わって形作ります。

「おもちみたーい。」「つるつるしてるー。」と、その感触も楽しみます。

 

「ぼく にんじん作る。」年少さんも一生懸命作ります。

 

「なに作ってるの?」「大根だよ。」 友達と一緒に楽しく作ります。

 

形ができたら、柳の枝に刺して飾りました。

 

子ども達のきづき

「目をつぶってごらん。」

「いいにおい。」「おもちのにおい。」

米粉をこねた時にふわっと香るにおいに気付いた子ども達。

においから、それが何からできているのかということに気付いたり、過去のお餅つきの経験などを思い起こす姿がありました。

 

「これ何の形にみえるかな?」

舟形にすることで早く蒸し上がることも、おばあちゃんたちから教えていただきました。

事例に対する保育者の思い

家庭で行う機会が少なくなりつつある伝承行事を経験することができ、良かったと思います。

また、ただ作るのみでなく、その由来を教えて頂き理解しながら行えたこともよかったと思います。

地域の方々のご協力に感謝する気持ちも、子ども達と一緒に持つことができました。

あずみのしりつたつみにんていこどもえん 安曇野市立たつみ認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 横川 尚子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1982.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8204 安曇野市豊科高家151-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-5445 
FAX : 0263-72-5445 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 20人 4歳児 : 27人 5歳児 : 28人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる