土 絶対上まで登るぞー!

2021年10月4日

テーマ:
年 齢:
3歳児
ねらい:
・友達と関わりながら、戸外で好きなことをみつけ、遊ぶことを楽しむ。
・全身を使って、滑ったり登ることを楽しむ。

活動内容

 年少児で空き地まで散歩に行きました。

空き地のたくさんの草の中で虫探しをしていた子どもたち。

土手の斜面や上も探し始めましたが、「見て!登れた!」と言う友達の声を聞いて、土手のぼりが始まりました。

最初は「のぼれーん!」「うわあー」とずるずると滑り落ちていましたが、それぞれが様々なやり方で土手の上を目指して頑張っていました。

草につかまったり、足を曲げたり伸ばしたりしますが、それでも滑り落ちてしまう子もいます。

自分ですぐに登れてしまった友達が、「登れん!」と言っている友達を見て、

「後ろ押してやる!」とおしりを下から持って押し上げてくれる優しい友達や、友達に後ろを押してもらったことで登れた子が、

「これにつかまって!」と手を差し伸べてくれていました。

みんなでお尻を押したり上から引っ張り合い、たくさんの子が土手の上に上がれるようになっていました。

登れずに何度も滑り落ちた子の中には、滑ることが楽しくなり、土手の上からお尻をつけて思いっきり滑り降りることを楽しむ子もいました。

子ども達のきづき

・ここ登ったら楽しそう!

・草につかまると登れる

・身体をこうすると登れる

・こうしたら〇〇くんも登れるかもしれん!

・滑るのも楽しい!

事例に対する保育者の思い

・土手の上まで登り切るために、自分で草に捕まったり身体の動かし方の工夫をしたりするなど、考えて身体を動かしたり試したりすることができたと思う。

・自分が登れてうれしい思いを経験したことで、次は友達が登れるために、自分たちでどうしたらいいか考え、後ろからお尻を押してあげたり、上から手を差し伸べる姿があり、こういった場所で遊ぶ中で、友達同士の関わりにもつながっているように感じる。

・登るために頑張っていたが、滑り落ちてしまったことで滑り降りる楽しさも知り、新しい遊びを楽しんだり、違った身体の使い方を知るきっかけにもなっているのではないか。

にんていこどもえんいいだしかみさとにしほいくえん 認定こども園飯田市上郷西保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 岩橋 真由美
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和36年1月1日
認定日 2017.10.27
区分 認定こども園
住所 〒395-0004 飯田市上郷黒田1488
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-22-2441 
FAX : 0265-22-2441 
MAIL : ns-kamisato-ni@cuty.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ