植物・生物 水 人・地域 青木地区探訪

2021年5月25日

テーマ:
植物・生物/水/人・地域
年 齢:
3~5歳児
ねらい:
青木地区に散歩に出かけ、この時期その地域ならではの発見を楽しもう。

活動内容

過ごしやすいシーズンが到来しました。

なかなか出かけられなかった青木地区へ散歩に出かけました。

さてさて…今日はどんな出会いがあるかな?

道の脇にきれいなジャーマンアイリスが咲いてました。

甘い香りに思わず近づいて…「うーん、いい匂い」

渡辺さん宅で飼われている烏骨鶏です。

真っ白で本当にかわいい。なかなか出会えないレアなニワトリさんです。

周辺の田んぼにも水がたまり始め、そろそろ田植えのシーズン。

「これが、お米の赤ちゃん」「知らなかった。」

お米の苗がこんな風に育てられるのを知らない子が多かったです。

田植えしていたのは烏骨鶏の飼い主宮澤さんでした。

「あー、みやざわさんだー。こんにちわー」「頑張って~」

「またいつでも遊びにおいで」「ありがとう」

土尻川沿いは北アルプスまでの景色を楽しみ、川の音を感じながら歩くことができます。

「うーん、いい気持ち」

 

カモやアオサギにも出会えます。

「カエルがいたー!」「あの虫なんだろ?」「あそこにもなんかいる」

セスジイトトンボやアメンボなど小さな生き物がいっぱい。

からすの落とし物も拾いました。ハートの形がかわいいね。

 

 

 

子ども達のきづき

青木地区は、地域の方から散歩コースにと教えていただいた場所です。

地域の方と交流する中で烏骨鶏にも出会いました。

前回逢った時は、ひよこだったけどずいぶん成長していました。自分たち自身の成長とも重なったようです。

中条の中には様々な地域があります。地域の良いところを知っていくことも大切です。

また、この時期だからこその自然体験は子供たちの原体験となっていきます。

一人一人の感じ方は違うかもしれませんが、感じたことを共有する振り返りの時間でより子供たちの気づきや考えが深まっています。

事例に対する保育者の思い

子供たちと共に散歩する中で、地域の方との出会いから教えられたり、広がって繋がっていくことがたくさんあります。

私たちも中条地区がますます大好きになりました。

私たちは、この地域で育つ子供たちにもっともっと地域の良いところを知ってほしいと願いデマンドバス等も活用しながら保育の中に取り入れています。

身近な豊かな環境のなかで、人生の中で礎となる原体験をたくさん経験できるようにしていきたいです。

 

ながのしなかじょうほいくえん 長野市なかじょう保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 杉田 浩
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 2009.3.1
認定日 2019.9.13
区分 認定こども園
住所 〒381‐4102 長野市中条2770
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐268‐3529 
FAX : 026‐268‐3530 
MAIL : nakajo-hoiku@city.nagano.lg.jp
定員数 未満児 : 16人 3歳児 : 18人 4歳児 : 19人 5歳児 : 19人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土
基本開所時間 7時30分~18時30分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ