水 空・天気 つくる 氷ができた!

2021年3月17日

テーマ:
水/空・天気/つくる
年 齢:
3歳児
ねらい:
・冬の自然事象に興味を持つ。
・色の変化を楽しむ。
・氷を友達と一緒に見たり触れたりして楽しむ。

活動内容

保育園のすぐ近くの、子どもたちが大好きなあおきっこ広場。

冬になると、広場の池や小川に氷が張ります。

そこで氷を見つけた子どもたち✨

「すごい!氷ができてるよ!」

「ぼくの顔より大きいよ!」

嬉しくて、氷を何枚も拾っていました。

お友だちと一緒に「こんなに大きい!!」と分厚い氷を発見し大喜びでした。

「最近寒かったから、水が凍ったんだね。」とAくん。

そこで、氷をみんなで作ってみることに💖

 

「氷は透明だよね?」「いろんな色の氷を作ってみたいなぁ」

と、色水を使って氷を作ることにしました(^^♪

金曜日の日、カップにカラフルな色水を作り、外の日陰に置いて、

「凍りますように」と月曜日を楽しみにする子どもたちでした。

 

そして月曜日。

「氷ができた!」「やったぁ~☺」

とっても嬉しそうな子どもたちでした(*^^)v

子ども達のきづき

色水を作ると、、

「赤色と黄色を混ぜたら、オレンジになった!」

「〇色と〇色でこんな色ができた」と大発見!

色の調合を楽しみ、沢山色を混ぜる子も。

混ぜているうちに、

「あれれ、思った色と違う…」「混ぜすぎちゃったかな?」

という発見も。

 

氷を作った日は雪が積もっていました。

雪にも色水をかけて、「かき氷ができた!」

沢山並べて「きれいだね」「いろんな色の雪だよ」と楽しんでいた子も。

 

氷は日に当たるとキラキラしていて、

「宝石みたい✨」と目を輝かせていた子どもたちでした。

 

今回は色水を食紅で作りました。

凍らせる前の色水は全体的に色が付いていましたが、

凍ったあとは食紅が沈殿して、下の方に固まっていました。

「カップの下は色が濃くて、上の方は色がないよ」と色の濃さに気付く子もいました。

事例に対する保育者の思い

冬の寒い時期だからこそできる遊びを、

子どもたちと一緒に楽しむことができました。

自然の不思議に親しむ事は、子どもたちにとって大切な経験だと、

子どもたちのキラキラした目を見て改めて思いました。

 

3歳児クラスでは、この一年を通して、

色探しゲーム・色水遊び・ボディーペイント・色付きの小麦粉粘土など、

「色」に興味を持ちながら、様々な遊びを楽しんできました。

「楽しかった」「またやりたい」と話す子どもたち。

お友だちや先生と発見や感動を共有できたのではないかと思います。

 

4月からは年中さん。

これからもお友だちや先生と一緒に、

自然の中で様々な不思議に出会い、楽しみながら、

沢山の経験をして、大きくなってほしいです。

あおきむらほいくえん 青木村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 成沢亮子
運営法人 青木村
運営法人代表者名 青木村長
園の設立日 1961.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒389‐1601 青木村大字田沢3294
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0268‐49‐2063 
FAX : 0268‐49‐2063 
MAIL : hoikujo@vill.aoki.nagano.jp
定員数 未満児 : 33人 3歳児 : 38人 4歳児 : 42人 5歳児 : 42人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ