植物・生物 食 とうもろこしの皮をむいたら・・・

2020年7月14日

テーマ:
植物・生物/食
年 齢:
5歳・4歳・3歳・2歳・1歳
ねらい:
・とうもろこしの皮や実の様子を知る。
・自分たちの手で皮むきをすることで、食べることへの意欲を高める。

活動内容

・毎年保育園にとうもろこしを届けてくださる保護者のおうちから、今年も届けていただきました。

給食の先生からとうもろこしの皮むきを頼まれた年長児、

張り切って皮をむき始めました。

「何枚も皮があってなかなか実が出てこないね。」

「皮がむけたけど、細いひげがついてるよ。」「これもきれいにとるんだよね。」

「ねぇ、見て… こんなにきれいになったよ。」

 

とうもろこしの茎を見つけた年中児。「これに色をつけて遊びたい。」

スタンプ遊びが始まりました。

「おもしろいね。」「いろんな形ができるよ。」

それを見ていた未満児のお友達、真似してペタペタ・・・長い間座ってスタンプ遊びをしていました。

・年長児がむいた皮を未満児が持ってピィーッと破ります。

年長さんと同じように皮をむいているつもりかなぁ?

・だんだん他のお友達も集まってきてそれぞれにピィー・ピィーと破いていくので、

たちまち皮は細かくなりました。皆とっても楽しそう!

子ども達のきづき

*とうもろこしの実が出てくるまで何枚も皮をむかなきゃいけないんだね。

*とうもろこしには皮だけじゃなくてひげみたな細い紐もついてるよ。

*とうもろこしの茎は硬くてスタンプがいっぱいできたよ。

*とうもろこしの皮ってやわらかくてすぐにやぶれるんだ。

事例に対する保育者の思い

*先生がしてくれる。だけでなく、自分たちでもできるところは手伝うことで、食事にたいしてまた違う意識を持って向かうことができると思う。

*テラスなど他の年齢の子ども達にも見える場で皮むきをしたこで、他の年齢の子ども達も興味を持って見ることができ、誰に促された訳でもないが、未満児が真似をして皮を破く姿は見て真似て育っていく様子を見ることができたように感じ大事にしていきたい場面だと思った。

*皮むきだけの活動でなく、茎、皮を使っての遊びを子ども達も考え遊ぶことができたことで、子ども達も職員も発見がいろいろあった。

いいだしたつえほいくえん 飯田市龍江保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 松下 典子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和45年1月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2221 飯田市龍江4680
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3681 
FAX : 0265-27-3681 
MAIL : ns-tatue@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 15人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ