植物・生物 ピンクのじゅうたん

2020年5月25日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
5歳児
ねらい:
春の自然にふれて遊ぶ

活動内容

 

5月はじめの連休明けに園庭に出てみると・・・

 

庭のあちこちに

ピンク色のかたまりが!!!

 

保育士「あれ?庭になにかあるよ」

子「えっ!!」

子「ぴんくいろのみずたまりがある」

玄関で靴を履きながら庭を見て、こんな会話をしていると、

子「はやくあそびたい!」

子「もっとちかくでみたい」

子ども達の気持ちが盛り上がっていきました。

 

保育士「じゃあ、みんなで見に行ってみよう」

ピンク色のかたまりのところへ一直線!!!

 

子「すごーい!じゅうたんみたい」

子「こんなにたくさんあるよ!」

 

あっという間に小さな手いっぱいにピンク色のものを掴んで集めていました。

 

保育士「ピンクのもの、何だった?」

子「さくらのはなびらだった!!!

ピンク色のかたまりの正体は、園庭にある、八重桜の花びらでした。

 

たくさん集まりました!

 

桜の花びらをたくさん集めて、さあどうする?

花びらを撒いて『フラワーシャワー』をしている子や

鍋いっぱいに花びらを入れてままごとをする子

そして

子どものアイディアから素晴らしい作品が・・・

桜の葉っぱを取って

その中に桜の花びらを入れて

葉っぱの茎を差し込んだら・・・

なんと!

桜餅』の出来上がり!!

 

みんなで作って桜餅でお花見ごっこを楽しみました♪

 

子ども達のきづき

・遠くから見たものを近くで見た瞬間、「わあ!はなびらだった!!」と発見した喜び

・たくさんのはなびらを友達と協力して集めることで一体感を感じる

・「なにしてあそぶ?」と友達と相談したり考えたりする楽しさ

・「こうしてみたら?」と試行錯誤してみることの面白さ

花びらでの遊びを楽しむ姿から、様々なことを感じられていたと思います!

事例に対する保育者の思い

この季節にしか経験できない花びらでの遊びを十分に楽しみ、展開させる姿に、年長児ならではの遊びの姿が見られました。

友達と協力すること、遊ぶ方法を考えながら相談すること、自然物に触れることをきっかけに子ども達の成長や発見に繋げられたと思います。

保育園での最後の一年、今しか経験できない自然とのふれあいを大切にしながら、心身ともに成長し合えるよう見守っていきたいです。

ながのしやなぎまちほいくえん 長野市柳町保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 有賀 公味子
運営法人 長野市
運営法人代表者名 長野市長
園の設立日 1949.7.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒380‐0803 長野市三輪1‐2‐8
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026‐241‐7894 
FAX : 026‐241‐7894 
MAIL : yanagimati-hoiku@city.nagano.lg.jp
定員数 未満児 : 57人 3歳児 : 41人 4歳児 : 41人 5歳児 : 41人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金、土、日
基本開所時間 7時30分~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ