植物・生物 人・地域 牛、大きいね!

2020年2月20日

テーマ:
植物・生物/人・地域
年 齢:
5歳児・2歳児
ねらい:
・牛ややぎに触れ暖かさや心地よさを感じる。
・本物の大きさや息づかいを知る

活動内容

近くの下伊那農業高校にお散歩に行きました。

牛に干し草をあげる“餌やり体験”をさせてもらいました。

近くで見る牛はとても大きくはじめはしり込みをしていましたが、「おいしい草を食べたいって牛さんが待っているよ」と声をかけてもらいそっと草をさし出していました。


小さい人は保育士と一緒に

「あたたか~い」「かわいいね」やぎもなでてみました。

子ども達のきづき

・保育園に帰ってきてから「牛の舌は黒かったよねえ。人間はピンク色なのに・・」「うん、濃い青色にも見えた」「なんでかなあ」と不思議そうに話していた。「また下農高校に行ったら、聞いてみよう」と次への期待も出てきていた。

・やぎの毛は少しかたいなあ、あたたかいなあ、うんちがコロコロしていると牛と様子が違うことを感じていた。

・餌をあげる時に手をなめられた子が何人もいて思わす言葉にならないような声を出す子や「あたたか~い」と感想をいう子がいた。大きくて長い舌をべろっと出す牛に始めはしり込みしていたが、わらより干し草の方が喜んで食べるという事や、草のさし出し方をおしえてもらい餌やりに興味を持てた。

事例に対する保育者の思い

・絵本や写真ではよく目にする牛ややぎであるが、実際に近くで見て大きさや息づかい、動きを肌で感じることができた。交流のある農業高校が近くにあるので、また出かけていきたい。体験したことで分かったころや感じたこと、不思議に思ったことがあった。実体験を繰り返しながら本物を感じ、心を揺さぶられて探求心や生き物に対する関心を大きくもってほしい。

・2歳児だけで大きな牛を見るのは恐怖心があるかもしれないが、年長児といったことで少し安心して牛に近づくことができた。高校では生徒さんも声をかけてくれる。いろいろな人との交流も大切にしていきたい。

いいだしかなえみつばほいくえん 飯田市鼎みつば保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 栄子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 平成9年4月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒395-0804 飯田市鼎名古熊2339
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-53-3277 
FAX : 0265-53-3278 
MAIL : ns-mituba@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 36人 4歳児 : 36人 5歳児 : 36人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ