水 空・天気 待ちにまった雪あそび!

2020年2月27日

テーマ:
水/空・天気
年 齢:
3歳児
ねらい:
・冬の自然に触れ、季節感を味わう。
・雪合戦や雪だるまづくり、そりなどの遊びを楽しむ。

活動内容

暖冬でなかなか雪が降らず、降ってもうっすら地面が白くなる程度だった今年の冬。

でしたが先日、ようやくしっかりとした積雪がありました!

 

子どもたちは朝から大喜びで、早く雪あそびがしたくてうずうずしている様子でした。

いざスキーウェアに身を包み園庭へ出ると、勢いよく走りだしていました。

 

たくさん積もった雪を手にとり、うれしそうに遊ぶ子どもたち。

 

 

男の子たちは雪の投げ合いっこをはじめて、

「(スキーウェアの)中に入って冷たい!」

と言いながらも、楽しそうに元気いっぱい遊んでいました。

 

 

朝登園する前にすでにお家で雪だるまを作ってきた子もいて、

その子たちを筆頭に雪だるまを作ろうと、大きな雪玉を作り出す子どもたちも。

 

 

そして、そり遊びも。

一人ですべったり、お友だちとすべったり、

斜面の雪がなくなるくらい何度も何度もすべって楽しんでいました。

 

待ちにまった雪を思いっきり満喫できた一日でした。

子ども達のきづき

カップ容器を雪にかぶせて、ぐりぐりぐり…

「見て見てー!」

 

「見て―、おっきい雪ー!」

さらさらの雪、大きな塊の雪、いろいろな雪を発見しました。

 

 

「雪の上に寝ると気持ちいいよ!」

といろいろな形で雪の感触を味わっていました。

 

「この坂のところを転がしてみよう」

と工夫をしながら雪玉づくりを楽しんでいます。

事例に対する保育者の思い

ようやく待ちにまった雪遊びができて、張りきってスキーウェアに着替え外に駆け出していく子どもたちでした。

寒くてもへっちゃらで、子どもたち同士で雪を投げあったり雪だるまを作って、元気いっぱいに遊ぶことができました。

今年はなかなか雪遊びができず、粉雪が降る度に「雪遊びがしたいな。」とつぶやく子どもたち。また雪が降ったときには、雪遊びの活動を通して心も体も大きくたくましく育ってほしいと感じます。

あおきむらほいくえん 青木村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 若林喜信
運営法人 青木村
運営法人代表者名 青木村長
園の設立日 1961.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒389‐1601 青木村大字田沢3294
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0268‐49‐2063 
FAX : 0268‐49‐2063 
MAIL : hoikujo@vill.aoki.nagano.jp
定員数 未満児 : 29人 3歳児 : 42人 4歳児 : 42人 5歳児 : 42人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ