土 植物・生物 食 つくる 畑で夏野菜を育てたよ!(青木村保育園)

2019年7月31日

テーマ:
土/植物・生物/食/つくる
年 齢:
3歳児
ねらい:
・収穫を楽しみにしながら世話をして、野菜が育つ喜びを感じる。
・収穫した野菜を味わい、食への興味を持つ。

活動内容

6月5日(水)☀

年少組では毎年、園舎横の畑で食育の一環として野菜を育てています。

今年は、ミニトマト、モロッコインゲン、パプリカ、オクラ、三尺豆を育てました。

この日は、モロッコインゲンの種をみんなで蒔きました。

先生から種の蒔き方のお話を聞き、一人ひとり手のひらに種をのせてもらうと

じっくり見ている子どもたち。

土の中に種を入れ、土をかぶせ「おおきくなあれ!」とみんなでお願いをしました。

  

 

 

種を植えた後は朝の体操後に水をあげたり、

草取りをしたりして、畑の手入れを頑張りました。

    

水やりや草取りをするたび、大きくなっていく野菜たちを眺めながら期待も大きくなっていく子どもたちです!

 

そして、いよいよ収穫の日。

まずは、モロッコインゲンとオクラを採りました。

大きくなった野菜たちを手に取ると、子どもたちもテンションUPで

カメラにも素敵な笑顔を向けてくれるのでした(^^♪

      

 

収穫したモロッコインゲンは茹でてそのまま食べたり、

胡麻和えやオクラと一緒に味噌汁の中に入れたりして

自分たちの育てた野菜を味わって食べていましたよ。

  

 

続いて、長く続いた梅雨の影響かなかなか赤くならなかったミニトマトもついに赤くなったので収穫することに!

    

 

一人一つずつとって洗って パクッ!!

ずっと赤くなるのを楽しみに待っていたので、喜びもひとしお。

ニコニコ笑顔でおいしそうに食べていました。

 

パプリカや三尺豆もこれから収穫できるようになってくると思うので、

それも楽しみにまた頑張ってお世話していきたいと思います。

子ども達のきづき

「たくさんなってる~!!」

「おいしいよ~♪」

「これ今日採ったやつ?」

 

 

  

「おおきくなってきた~♪」

「いっぱいできたね(*^^*)」

「でも、まだ緑色だね!?」

「見て見て、赤くなったよ♪」

 

「おいしい♪」

「ちょっとすっぱーい。」

「皮がちょっと固いね。」

事例に対する保育者の思い

畑での活動を通して、子どもたちが食材や食べることに対して興味を持つことだけではなく、

感謝の気持ちも育んでいます。

夏野菜の成長とともに、子どもたちの心ものびのびと育っていってほしいと願っています。

あおきむらほいくえん 青木村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 若林喜信
運営法人 青木村
運営法人代表者名 青木村長
園の設立日 1961.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒389‐1601 青木村大字田沢3294
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0268‐49‐2063 
FAX : 0268‐49‐2063 
MAIL : hoikujo@vill.aoki.nagano.jp
定員数 未満児 : 29人 3歳児 : 42人 4歳児 : 42人 5歳児 : 42人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ