土 植物・生物 水 おたまじゃくしをとりに行こう~年少編~

2019年7月25日

テーマ:
土/植物・生物/水
年 齢:
3歳
ねらい:
・自然に触れ、お散歩を楽しむ。
・身近な小動物に興味を持つ。

活動内容

年少さんにとって初めてのおたまじゃくしとりです!ドキドキわくわくしながら…

                 \いってきまーす!!/

とってもいいお天気で、きもちがいいですね♪

4月よりしっかりお友達と手をつなぎ歩いていけるようになりました。

散歩道も水田に囲まれています。

到着するとすぐに、おたまじゃくしを見つけ、

「いた!!!」「みて!いっぱいいるよ~!!」

 みんな、いい目を持っていますね(^^)

キラキラ光る水の中で気持ちよさそうにたくさん泳いでいます。

それぞれカップを持ってすくってみようとしますが・・・・

すばやいおたまじゃくし!!

先生に手伝ってもらいやっとつかまえられました!

        \みてみて~~~~~/

「わー!!かわいい」「大きいね」「おとうさんおたまじゃくしかな?」

         たくさんつかまえられたね!(^^)

絵本の”999ひきのきょうだい”を読み、おたまじゃくしに興味を持った子供たち。

「こども園に持ち帰り、観察してみようね」と話しました。

とっても嬉しそうな年少さん。どんなふうに成長していくか子ども達と見守っていきます!

子ども達のきづき

・「おたまじゃくしって早くてなかなか捕まえられないね。」

・「おたまじゃくしの他にもクモやアメンボもいるんだね。」

・「気持ちよさそうにおよいでいるね。」

水槽に入れて毎日観察していると・・・

「かわいいね。こっちをみているよ。」「カエルにまだならないね~。」

「なんかしっぽが赤いからトマト食べたのかな?」

と、いろんなことに気づき、感じています。カエルになるまでそっと見守っていこうと思います。

事例に対する保育者の思い

・実際に田んぼへおたまじゃくしを見に行き、園へ持ち帰り観察することでどこにすんでいるのか、大きくなったらどんな形になり、何になるのかなどを友だち同士や、保育士と話したりすることで身近な生き物にどんどん興味・関心を持ってほしいです。

・生き物の姿を実際に見たり触れたりすることで、動きや形のおもしろさ不思議さを感じ、そこから、友だちと一緒に共有して喜ぶ体験をたくさんして欲しいです。

・実体験から今回はおたまじゃくしの形や姿を知り、言葉の意味と物が一致できるように観察しています。

これからもできるだけたくさんの自然の生き物や植物にふれ、一緒に寄り添って観察していきたいと思います。

あずみのしりつみさとなんぶにんていこどもえん 安曇野市立三郷南部認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鳥原 律子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1984.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8102 安曇野市三郷温60-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-77-2900 
FAX : 0263-77-2900 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 24人 3歳児 : 60人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ