植物・生物 人・地域 食 バスに乗って桑の実摘みに行ってきたよ(青木村保育園)

2019年6月25日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食
年 齢:
5歳児
ねらい:
●地域の方との触れ合いの中で桑畑で桑の実摘みの体験を楽しむ
●自然に触れて体をいっぱい動かす
●戸外にで食事をとりながら友だちとの会話を楽しみながら、自然の心地よさを感じる

活動内容

6月18日(火)  天気  ☀

”NPO法人エリスン”さんよりご厚意でお招き

いただいている桑の実摘みに行きました。

この活動は昨年度から始まり二年目のご招待に

なります。

 

道中は、”園長先生運転手”のバスに乗り心も体も

わくわどきどきです。

 

見渡しの良い敷地にある桑の木を見て回り、エリスンの

春原さんに教えて頂いた熟した桑の実を見つけて

採って試食しました。

 

「沢山食べたら、お家にもおみやげ持って

帰らなくちゃね。」とおみやげも沢山持ち

帰りましたよ。

 

  

エリスンの皆さんや自由参加を募った保護者の方も参加して下さり、

子ども達も大喜びでした。

 

 

帰りは、塩田平にある山王山公園に立ち寄り

自然を満喫して遊んできました。

 

給食のパンを持っていき、野外ステージ上で食べました。

パンを頬張りながら、おしゃべりも一段と盛んになる楽しいひと時でした。

子ども達のきづき

「ここに、沢山あるよ!」

 

「見て見て、桑の実食べたら口の中が紫に

なったよ。」

 

「こうやって採ればいいんだよ。」

 

「とって良い実は、真っ黒になっている実だけだよ。」

 

山王山公園に着くと、「あっ!虹が出てる!」

と虹を発見。虹を背景に「ハイ!ポーズ!」

梅雨の空を吹き飛ばしました。

 

人と大自然に触れ、子ども達が心躍る一日になった

のではと思います。

 

お手伝い下さったエリスンの皆さん、保護者の皆様

ありがとうございました。

事例に対する保育者の思い

地域の方たちの触れ合いの中で、人に感謝する気持ちを育んでいます。

 

自然に触れることで、見て、触れて、自分たちで考えて、沢山の感性を育んでいってほしいと思います。

あおきむらほいくえん 青木村保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 若林喜信
運営法人 青木村
運営法人代表者名 青木村長
園の設立日 1961.4.1
認定日 2018.10.31
区分 保育所
住所 〒389‐1601 青木村大字田沢3294
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0268‐49‐2063 
FAX : 0268‐49‐2063 
MAIL : hoikujo@vill.aoki.nagano.jp
定員数 未満児 : 29人 3歳児 : 42人 4歳児 : 42人 5歳児 : 42人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ