植物・生物 人・地域 食 いっただきまーす!!〜その2〜

2017年8月10日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食
年 齢:
3〜5歳児
ねらい:
・収穫や皮むきを経験し食に興味関心を持つ。
・異年齢の関わりを通して憧れや親しみを持つ。

活動内容

年長さんが育てているミニトマトがたくさん収穫できそうなので、今回は3・4歳児で収穫させてもらいました。

どれが採ってよいものか、どうやって採るのか、やさしく教えてくれる年長さんでした。

「これが採っていいやつだよ」 「やさしく引っ張るんだよ」 年少・年中さんはしっかり年長さんの教えを守って収穫しました。

「こんなに採れたよ!」 赤と黄色のミニトマトがたくさん採れました!

給食の先生お願いしま〜す! 採ったミニトマトは給食と一緒に出していただきます。

続いて・・・ おやつのとうもろこしの皮むきのお手伝いをみんなでやりました。

再び年長さんが3歳、4歳さんにやさしく教えてくれました。

今回も登場、白ヒゲさん!!

みんな手慣れた手つきでどんどん皮をむいていくと・・・

「白い!!」 「まっしろだ!!」 と発見した子ども達でした。

今回のもろこしは『ピュアホワイト』という品種です。

生でも食べられるほど甘い品種で、子ども達も「いいにおい!」と何度も匂いをかぎ、おやつが待ちきれないといった感じでした。

皮むきの後は自分たちでキレイに掃除します。年長さんは自分たちでほうきとちりとりを持ってきて、テキパキと掃除してくれました。

再び給食室へ持っていき「おねがいします!」

給食とおやつが待ち遠しい!

子ども達のきづき

白いもろこしの粒の中に一粒だけ黄色い粒があるのを発見した子がいました!

「1個だけ黄色いよー!」 「不思議〜!」

「それ、当たりだね!」

事例に対する保育者の思い

お昼は自分たちで採ったミニトマトを食べて、「甘いよ!」「もっと食べたい!」

おやつには自分たちで皮を剥いたもろこしを頬張って、「前のより甘い!」「もっと食べたい!!」

今回もおかわり分まで、あっという間に売り切れてしまいました!

 

自分たちで収穫したり皮むきのお手伝いをした食材なので、より一層おいしく食べられたと思います。また、小さい保育園ならではの異年齢の関わりもいろんな場面で見られました。年長さんには経験したことを年下の子に教えてあげることで、自信を持って生活していってほしいと思います。これからも旬の食材の収穫やプールなど、この時期ならではの活動でも異年齢のふれ合いを大切にしていきたいと思います。

 

しなのちょうりつのじりほいくえん 信濃町立野尻保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 小林 恵子
運営法人 信濃町
運営法人代表者名 信濃町長
園の設立日 1963.7.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒389-1303 上水内郡信濃町野尻275
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-258-2345 
FAX : 026-258-2345 
MAIL : nojiri-h@town.shinano.lg.jp
ホームページ https://www.town.shinano.lg.jp/
定員数 未満児 : 6人 3歳児 : 10人 4歳児 : 10人 5歳児 : 10人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ