本園の特徴

 東保育園は緑豊かな自然の中にあります。園庭には桜の木・トウカエデ・イチョウの木・エゴノキなど大きな木もたくさんあります。
 地域交流も盛んで、地区の交流会に参加させていただいたり、老人施設との交流も行っています。
 蚕・カブトムシ・アゲハの幼虫等、小動物の世話をする中で成長の様子を見て楽しんでいます。
 園の隣には八幡神社があり、0歳児から散歩に出かけ四季折々楽しんでいます。八幡神社様が子どもたちを温かくみまもってくれています。
 散歩コースもたくさんあり、権現山周辺への散歩や長野牧場などに出掛けヤギをみたり自然物を集め、お土産として嬉しそうに持ち帰る姿もあります。
 また、保護者にも子どもたちの保育園での生活を知っていただき、園生活への理解をより一層深めていただくことを願い『保育参加』を行っています。参加した保護者の方々も好評です。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

土 植物・生物 水 🍀素敵なものいっぱい、みーつけた!

2020年6月15日

テーマ:
土/植物・生物/水
年 齢:
4歳児
ねらい:
*草花や虫など身近な自然に触れてあそぶ。
*自然など身近な事象に興味を持ち工夫してあそぶ。

活動内容

5月下旬・・・東保育園の園庭は大きな木々に囲まれています。園内においても、さまざまな形で自然に触れて楽しめます。園舎の西側はちょっとした子どもたちの遊び場!さて今日も、キラキラな目をした子どもたちが素敵なものを見つけています。

ダンゴムシを探したり、かわいい桜の木の実(通称:サクランボ)や草花を集めたり・・・

今度は集めてきたもので、ジュースやさんがはじまりました。どうしたら色がでるか自分たちで試行錯誤しながら、黙々と楽しんでいます。

これは、5歳児の男の子ですが、たくさんのアリを見つけ、「アリの公園を作る!」と木の枝や葉っぱ、砂を使い、山や橋、アスレチックを作りました。これが、本当によく考えたと感心しました。そして、公園から遊園地へとバージョンアップ!

残念なことに製作中にアリはいなくなってしまいましたが、アリを見つけて遊園地へ招待していました。

 

子ども達のきづき

「ダンゴムシは葉っぱの下や、石の下にいるんだよ。」「ダンゴムシは枯れた葉っぱを食べているんだよ。」

ジュース屋さんでは・・・「さくらんぼを入れて、シャベルでガリガリすると色がでてくるよ!」「これと、これを混ぜたら、こんな色になったよ!」「水を入れて花をシャカシャカするとジュースになるよ!」など。

 

事例に対する保育者の思い

開放的な青空の下、子どもたちは思い思いに目を輝かせ楽しみます。一人ひとりの興味は違いますが自分の好きな遊びを満喫してもらいたいと思っています。なかなか、園外に散歩に出られなかった中、園の敷地内でも自然に触れられ楽しめることに感謝・・・。

あたりまえの日常がどれほど貴重なのかと痛感した日々・・・。ですがいつもと変わらない自然の美しさ、そして変わらぬ子どもたちに癒されます。

これからも、子どもたちには自然に触れながら楽しんでもらいたいです。

さくしりつひがしほいくえん 佐久市立東保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 副園長 : 宮沢 恵
運営法人 佐久市
運営法人代表者名 佐久市長
園の設立日 1976.4.1
認定日 2015.10.13
区分 保育所
住所 〒385-0007 佐久市新子田880-2
エリア 東信
お問い合わせ先 TEL : 0267-67-2271 
FAX : 0267-67-2271 
MAIL : higashi-hoiku@city.saku.nagano.jp
ホームページ https://www.city.saku.nagano.jp/kenko/kosodate/hoikushisetsu/higashi.html
定員数 未満児 : 33人 3歳児 : 29人 4歳児 : 29人 5歳児 : 29人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時00分
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる