本園の特徴

・みあさ保育園は、山林に囲まれた位置に設立されており、自然豊かな環境の中に位置する施設である。
・園舎から園庭に続く斜面は芝で覆われていて、植物が自然に生えている。
・園舎の奥手は山の斜面になっていて、わらびやふき・自然木がありカナヘビ・バッタなど生き物が無数に生息している。
・木々の中で過ごしたり、木登りやかくれんぼをしたり、季節にはわらび採りやフキノトウ採りで意欲的に斜面を登りおりして採取している。
・草の斜面では、お尻で滑り降りることや、段ボールのそりで斜面を滑ることを楽しむ。
・冬は積雪が多いので、奥手の斜面が格好のゲレンデになり、そり滑りのスピード感を楽しんでいる。
・斜面に囲まれている立地条件のため、体幹が日々鍛えられている。
・林の中の雑木片付けも自分たちで行い協力するということが自然にできるようになっている。

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

植物・生物 人・地域 食 トマト狩り

2020年8月22日

テーマ:
植物・生物/人・地域/食
年 齢:
全園児
ねらい:
・友達と一緒にトマト狩りを楽しむ。
・地域の方と交流し、親しみや感謝の気持ちを持つ。

活動内容

地域の方のお誘いでトマト狩りに出掛けてきました。

少し遠いけど頑張って歩きます。

「ひまわりたかーい!」

しばらく歩くと今回お世話になるハウスに到着。

地域の方に元気よく挨拶。

「おねがいします」

「大きいのと小さいのがあるからあかいトマトを

採ってね」

 

「これはどうかな?」

「あかいのみーつけた!」

木を傷めないように優しく採ります。

袋の中はトマトでいっぱいになりました。

 

「ありがとうございました」

お礼を言って帰ります。

 

「ママよろこぶかな?」

ちょっと重たいけれど、ママの笑顔を想像しながら

大事に抱えて保育園に帰りました。

 

子ども達のきづき

・大きいトマトと小さいトマトがあるんだね。

・トマトのにおいがするね。

・あかいトマト、キラキラしてきれいだね。

事例に対する保育者の思い

毎年地域の方のご厚意でトマト狩りをさせてもらっています。

大切に育てたトマトをいただけることに感謝するとともに、

採れたての野菜のおいしさを感じ、食への興味関心をより

高めてくれたらと思います。

散歩に出掛けると、地域の方が手を降ったり「気をつけてね」と

優しく声をかけてくれます。地域の方のお話を聞いたり触れ合

い交流をする機会を作り、いろいろな人に親しみを持ち、地域へ

の興味関心を広げてくれたらと思います。

おおまちしみあさほいくえん 大町市みあさ保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 久保田 好江
運営法人 大町市
運営法人代表者名 大町市長
園の設立日 1974.4.1
認定日 2019.9.13
区分 保育所
住所 〒399‐9101 大町市美麻二重11780-8
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0261-29-2636 
FAX : 0261-29-2636 
MAIL : miasahoiku@city.omachi.nagano.jp
ホームページ
定員数 未満児 : 10人 3歳児 : 10人 4歳児 : 10人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月、火、水、木、金
基本開所時間 7時30分~19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる