本園の特徴

子どもが現在(いま)を幸せに生活し、未来(あす)を生きる力を育て、一人ひとりの子どもを心から尊重し、子ども、保護者、地域に最善をつくせる保育園を目指しています。

・自然に親しみ、さまざまな体験を通して豊かな感情や表現力を育む保育
・すすんであいさつするなど、生活に必要な基本的な習慣や態度を養い、心身の健康の基礎を培う保育
・交流保育を通し、人との関わりを多く持ち、コミュニケーション力を育てる保育

News

ニュースはありません

もっと見る

自然の中の多様なテーマ

自然に存在するたくさんの要素との関わりから、
子どもたちは様々な体験を通して「気付き」を得ます。

空・天気 ゆ~きがふってきた♪

2020年2月21日

テーマ:
空・天気
年 齢:
1歳児
ねらい:
・雪に触れ、冷たさや感触を味わう。
・そり遊びや雪の上に寝転んでみるなど、この時期ならではの遊びを楽しむ。

活動内容

記録的暖冬に見舞われている今シーズンですが、飯綱町にも待ちに待った雪が積もりました。

雪を見た子ども達は朝から元気いっぱいに登園してきました。

 

    

雪に触ってみたり、新雪をザクザク踏んでみたり、雪を集めて雪玉作りに挑戦したりと思い思いの遊びを楽しんでいました。

素手で雪を触った子は「つめた~い」と言いながらも表情はとてもにこやかでした。

雪を手に乗せ溶けていく様子をじーっと観察している研究者のようなまなざしの子も

 

別日にはウエアを着てそり遊びをしました!

「出発!」とそりを押すと「わぁ~」と子ども達の楽しそうな声が響き渡りました。

すてきな笑顔

とっても楽しそうですよね!

こんな子もいました

誰も乗っていないそりを引きながらお友達を呼びに行き、乗せてあげます。

「よーいしょ」とお友達の乗ったそりを引いて電車ごっこが始まりました。

子ども達だけの発想で始まった遊びです。

 

あっという間に積もった雪は溶けてしまいました。

窓の外を見ながら「またふらないかなぁ」と楽しみにしているようです。

 

子ども達のきづき

・雪は冷たく、素手で持っていると溶けてしまう。

・友達とそり遊びをするとひとりで遊ぶより、より一層楽しむことができる。

事例に対する保育者の思い

・子ども自らの発想で友達を乗せてそりを引いている姿を見て、こんなことを考えられるのだと感激し、また優しさも感じることができて良かった。

・今年は雪があまり降らず、遊ぶ機会が少なかったが、限りある中で思い切り雪に触れあって遊ぶことができてよかった。

 

いいづなちょうりつさみずっこほいくえん 飯綱町立さみずっ子保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 栗田 喜美江
運営法人 飯綱町
運営法人代表者名 飯綱町長
園の設立日 平成28年11月28日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒389-1206 上水内郡飯綱町普光寺170-4
エリア 北信
お問い合わせ先 TEL : 026-253-8800 
FAX : 026-253-5500 
MAIL : samizukko-hoiku@town.iizuna.nagano.jp
ホームページ http://www.town.iizuna.nagano.jp/14/115/4943/index.html
定員数 未満児 : 24人 3歳児 : 20人 4歳児 : 23人 5歳児 : 23人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:00~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる