本園の特徴

「身近な自然で楽しい保育」

 身近な自然環境には春夏秋冬を通して、驚き、気づき、発見、好奇心がいっぱいあります。自然で遊んでいる子どもたちの声を拾い、その気持ちに寄り添い、共感・共有できるように環境を整え、保育をしています。
 畑活動は園の畑だけでなく、地元の方の協力により苗植えや収穫などの体験も行っています。
 森林組合の協力による木育活動を通して、木や身の回りの自然の大切さに気付くようにと願っています。

News

ニュースはありません

もっと見る

植物・生物 食 一粒の種が…こんなに大きくなったよ

2019年9月26日

テーマ:
植物・生物/食
年 齢:
5歳児
ねらい:
・日頃食べているスイカの種は、本当にスイカになるのか植物の不思議やおもしろさを体験する。
・スイカの生長を喜んだり、楽しみにしたりする。

活動内容

夏におやつで食べていたスイカ!

種を植えたらスイカになるのか…。子どもたちが口々に話し出しました。

「ねえねえ~スイカの中に種がいっぱいだね!」

「スイカの種って…」

「畑に植えたらスイカ出てくるのかな?」

「みんなで植えてみようよ!」

願いを込めて、スイカの種を畑に植えました。

 

さつまいもの水やりをしつつ…スイカの種にも水をあげました。

あまり変化がなく「本当にスイカ出てくるのかな…」と心配になってきた子どもたち。

でも・・・「葉っぱやツルが伸びてきたよ!!すごい!!」

 

暑い暑い真夏。

夏休みが明け、登降園する道からふと畑を見ると・・・なんと!!

 

「スイカができているよー!!」

「やったー!!」

かわいいスイカの赤ちゃん誕生にみんな大喜び!

「早く大きくな~れ!!!食べられるかな?」

 

生長が楽しみな様子です。

子ども達のきづき

「スイカの種から本当にスイカになるんだね!」

「スイカの赤ちゃんってちっちゃくてかわいいよね~」

「いつになったら食べられるのかな?楽しみだな!!」

自分たちが食べているスイカの種から、本当にスイカができたことは、驚きであり、喜びでもありました。

そして、スイカの数が増えてきて、大きくなっていくのを心待ちにしている年長さんです。

また「今度はぶどうの種も植えてみたい!」と畑に種を植えました。

さあ、ぶどうはできるのか・・。子どもたちは今から楽しみにしています。

事例に対する保育者の思い

子どもたちが試してみたい!と感じ、自分たちで植えてみようとする主体的な姿がとても嬉しく感じます。

なんでも興味や関心を持って生き物や植物に接していけるといいですね。

いけだまちにんていこどもえんあいそめほいくえん 池田町認定こども園会染保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 丸山 玲子
運営法人 池田町
運営法人代表者名 池田町長
園の設立日 昭和37年4月1日
認定日 2017.10.27
区分 認定こども園
住所 〒399-8602 北安曇郡池田町大字会染9014-8
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0261-85-5508 
FAX : 0261-62-5180 
MAIL : aiho@town.ikeda.nagano.jp
ホームページ http://www.ikedamachi.net/
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 7:30~19:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ

自然保育の認定団体を探す

Area : エリアから探す

北信エリア 東信エリア 中信エリア 南信エリア

Style : 保育スタイルから探す

  • 特化型 : 屋外での自然保育に重点を置く活動
  • 普及型 : 自然保育にも積極的に取り組んでいる活動

保育事例から探す

  • 土
  • 植物・生物植物・生物
  • 水
  • 空・天気空・天気
  • 火
  • 人・地域人・地域
  • 食
  • つくるつくる