人・地域 お兄ちゃん、お姉ちゃん頑張るぞ!!

2022年5月18日

テーマ:
人・地域
年 齢:
5歳児
ねらい:
進級した喜びと手伝いをする楽しさを知る。

活動内容

今日も天気がいいなぁ〜

春の花も咲いてきたし、散歩に行こう!!

 

年少「あっ!たんぽぽあった」

年長「こっちの花は、ヒメオドリコソウっていうんだよ。」

 

「川のほうは危ないから、おねえちゃんが歩くね。」

 

年長さんのお仕事はまだまだあります!

お昼寝のござを広げるよ!!

みんなで力を合わせて 「よいしょ、よいしょ」

 

「もうちょっとそっち引っぱって〜」

 

お昼寝の後も頑張ります!

小さい子を優しく起こして、布団運び...自分だって眠いはずなのに...えらいね!!

「階段あるよ。気をつけてね。」

 

あらあら、こちらはどうやら手こずっている様子...

年長A 「おーい、布団たたむよ。」

年少  「・・・。」

年長B 「まだ眠いんじゃない?」

年長C 「寝かせてあげるか。」

年長A  「でもさ、おやつの時間になっちゃうよ。」

年長B・C 「そうか...じゃあおこそう。」

年長B  「ねえねえ、お布団たたむよ」

年少    「めいろ〜めいろ〜」

年長 「めいろ〜じゃなくて、布団たたむからね...」

子ども達のきづき

小さい子の世話って難しくて、大変で疲れる!! でもどこか嬉しそうな年長さん。

お手伝いのあとは、いつも自慢気に 「つかれた〜」と言っています。

畑活動でも、看板作りをした時に、

「小さい子は字読めないからどうする?」

「どうすればわかるかな?」 「絵、描く?」

と、いつも小さい子のことを考えています。

事例に対する保育者の思い

自分のことだけではなく、周りの友達のこともわかるようになってきた年長児。

こども園で、一番大きなお兄ちゃんお姉ちゃんになって 「がんばるぞ!!」 と張りきるこどもたち。

しかし、小さい子のお世話は上手くいくことだけではなく、時には 「やだ!!」と言われたり、泣かれたりしまうことも...

それでもめげずに友達と協力して優しく関わり続けたら、わかってくれた(思いが伝わった)という嬉しさや人の役に立つ喜びを感じていけたらなと思います。

あずみのしりつきたほたかにんていこどもえん 安曇野市立北穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 米倉 菜穂美
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1955.5.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8302 安曇野市穂高北穂高494-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-82-6153 
FAX : 0263-82-6153 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 27人 3歳児 : 13人 4歳児 : 25人 5歳児 : 25人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ