植物・生物 力を合わせて引っぱれえ~!(サツマイモのツル切り)

2021年10月7日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
5歳児
ねらい:
・サツマイモのツルの様子を知る。
・友だちと協力してツルを引っ張ることを楽しむ。
・サツマイモの収穫に期待する。

活動内容

・園から少し離れたサツマイモの畑に年長児がサツマイモのツル切りに出かけました。

サツマイモの畑は草だらけで職員も子ども達もビックリ!

おイモのツルを切ろうにもどこが根元なのか分からず職員は途方に暮れるていましたが、子ども達はそんなことは構わず手元のツルを引っ張り始めました。

・ツルどうしが絡まったり、草と絡まったりしてツルはびくとも動きません。そんな様子を見て自然に友だちが集まって力を合わせて引っ張ると長~い1本が抜け、それを見た子ども達は次々長いツルを抜こうとあちこちで綱引き(ツル引き)が始まりました。

・職員がサツマイモの茎は食べられることを伝えると今度は競争でツルを集め、おうちへのお土産にしていました。

子ども達のきづき

「すごい草だぁ~。」「どこにおイモのツルがあるのかなぁ・・・?」

「先生、引っ張っても抜けな~い!」「こっちも引っ張ってもダメだ~」

「俺が手伝ってやるわ。」「私も入れて・・・」「みんなで引っ張れ~」

「このツル長いぞ~」

「こっちはもっと長いでみんなで引っ張るか!」

「このおイモの茎は食べられるんだよ!」

「きんぴらにして食べる!」「お味噌汁に入れる。」

「見て、こんなに取れたよ。」「葉っぱはいらないんだって。」

「お父さんとお母さんの分も取っていこう。」

「長いから体に巻いて保育園に持っていこう。」

「保育園に持って行って小さい人にも見せてあげよう。」

「おイモも大きくなってるといいなぁ・・・」

事例に対する保育者の思い

・ツル切りを通して、全身の力を使うこと、友だちと知恵を絞り、力を合わせること、茎が食べられることなど食への関心、ツルを変化させて遊ぶ楽しさなど、子ども達はたくさんのことを感じることができたと思います。

・週明けのおイモ掘りから、焼き芋大会に向けての期待も大きくなりました。

いいだししもひさかたほいくえん 飯田市下久堅保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 田畑 いづみ
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和38年12月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2603 飯田市下久堅知久平940-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-29-8055 
FAX : 0265-29-8055 
MAIL : ns-shimohisakata@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 25人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ