空・天気 先生ー!雪があったよ!!

2020年12月18日

テーマ:
空・天気
年 齢:
4歳児
ねらい:
・冬の自然事象に興味・関心を持つ
・変化や不思議さに気付く

活動内容

霜が降りたある朝、登園するなり「先生ー!砂場に雪があったよ」「雪さわってきたよ」と伝えに来る子どもたち。花壇、芝生など辺りが白くなっていることに“雪だー”と期待が大きく膨らんだようです。

早速、外に出てみようと園庭に出てみると、間近で見る霜(雪)に大興奮!! 遊具やベンチについていた霜を集めて喜んでいました。

 

葉っぱについた霜を持ってきて「きれいだね」「白い花が咲いたみたい」と眺めていました。遊んでいるうちに「いっぱい集めて雪合戦ができるんじゃない?」と期待を膨らませ、霜を取り、投げ合い、小さな雪合戦が始まりました。

絵も描けるよ~と楽しむ姿もありました。

時計も凍っているねと発見する姿もありました。

 

 

 

 

 

子ども達のきづき

手についた霜が次々に無くなっていく様子に、「どうして、なくなっちゃったんだろう?」と保育士が問い掛けると、「お日様に当たるとなくなっちゃうんだよ」「お日様があったかいから溶けちゃうんだよ」と知っていることを伝え合う姿もありました。

「はぁ~つめたい!!」と急いで手をあたためる姿もありました。

 

 

後日、霜がどんな時にどんな風にできるのか、絵本を読む機会を作りました。写真を見ながら「霜は固そうだけど、雪はやわらかそうだよね」との子どもなりの気付きや疑問もありました。

事例に対する保育者の思い

冬の楽しみと言えば雪!!今回は霜で辺りが白くなったことから子どもたちの関心も高まり、自然に触れながら発見や楽しさを感じることができました。今回のあそびの中で「もっと沢山の雪で遊びたいなぁ」「空の神様にお願いしようよ!!」と今後の雪遊びに期待が大きく膨らみました。

ほんのわずかな量でも大喜びの子どもたちの姿に、子どもの気付きに耳を傾けて機会を作る大切さを改めて感じました。自然と触れ合う中で新たな発見や疑問、驚きなど沢山のことを感じて冬を楽しみたいです。

今後の子どもたちの“声”を聴き逃がさず機会を作っていきたいです。

あずみのしりつみなみほたかにんていこどもえん 安曇野市立南穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 水谷 みゆき
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1953.10.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8201 安曇野市豊科南穂高2856
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-1431 
FAX : 0263-72-1431 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ https://www.city.azumino.nagano.jp/site/hoikuen/
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 40人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月・火・水・木・金・土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ