土 植物・生物 人・地域 食 つくる おいしく食べたよ!!

2020年9月23日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域/食/つくる
年 齢:
全園児
ねらい:
・お家の人と一緒に野菜が育つことへの期待、興味を膨らませる。
・収穫の喜びを味わい、育てた野菜を食べることを喜ぶ。

活動内容

二十日大根おいしかったよ。

 

 

 

 

 

 

 

栽培が思うように進まなかった二十日大根ですが、お家で収穫しおいしく食べたよ!という報告が届きました。

中には、園から持ち帰った種をもう一度まいて、栽培にチャレンジしてくださったご家庭もありました。

「サラダにして食べたよ。」と嬉しそうにお話しをしてくれました。

 

後日 園の畑でじゃがいも掘りをしました。

こんなかわいいのとれたよ。

 

 

 

 

 

大きいおいも、かわいいおいも、たくさんのおいもが取れました。

見て見て!いっぱい取れたよ!

 

 

 

 

 

 

 

園のカレー会にじゃがいもを入れてみんなでおいしく食べたのですが、まだまだたくさん残ったじゃがいも。

みんなで2個ずつお家にお土産に持って帰ることにしたところ

たくさんのおたよりが届きました。

カレー、ポテトチップス、フライドポテトなどなど、お家の皆さんが様々なお料理にして下さり、おいしく召し上がってくださった様です。

お家の方から届いたお便りを、登降園時に見える場所にに掲示しました。

 

子ども達のきづき

おおきいねえ。いっぱいだねえ。

 

 

 

 

 

 

 

大きいぐみさんが掘ってくれたおいもを、未満児クラスの子たちも見に来ました。

直接触れることで、ごつごつした感じや重さなど、肌でその感触を味わうことができていました。

これ私! あ!○○君だ!と嬉しそうに掲示物を見ています。

お迎えに来たお父さんも、「お父さんと一緒にコロッケ作ったんだよな。」と教えて下さいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

掲示されたお友達の様子を見ることで、「こんな風に食べたんだね。」「おいしそうだね。」などと色々感じることができた様子です。

事例に対する保育者の思い

親子で収穫を楽しむきっかけになればと考えた二十日大根の活動から、さらに、じゃがいもの活動も行ってみたのですが、おうちの方からたくさんの反響をいただき、ありがたく感じました。

お顔くらいありそうなおいもだね。

 

 

 

 

 

 

*お家の方からのコメントから*

「自分で育てたじゃがいもなので、いつもより特別感があり、会話もはずみ楽しい食事の時間となりました。」

「俺の堀ったの、うまいなー。と自慢げの息子でした。」

「食育としても、こども園での思い出としても、良い経験となり良い取り組みだと感じました。」

「一緒にクッキングをする良い機会になりました。」

 

まだまだお家からのお便りが届き続けているので、引き続き廊下に掲示を続けています。

あずみのしりつとよしななんぶにんていこどもえん 安曇野市立豊科南部認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 須澤 清恵
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1957.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8205 安曇野市豊科369-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-0862 
FAX : 0263-72-0862 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 24人 3歳児 : 40人 4歳児 : 50人 5歳児 : 50人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ