土 植物・生物 人・地域 食 じゃがいも掘り!

2020年7月29日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域/食
年 齢:
全園児
ねらい:
・じゃがいもの収穫を喜び自分で掘った満足感を味わったり、友達と一緒に掘る楽しさを味わう。
・畑のじゃがいもの様子を知ったり、土のにおいや感触を味わう。
・地区の方に感謝の気持ちを持つ。

活動内容

雨があがった日に地区の皆さんと一緒にじゃがいも掘りに行ってきました。

大勢の方が来てくださり「よろしくお願いします。」とご挨拶をしてから始めました。

地区の方が教えてくださったようにじゃがいもに傷がつかないように土を掘っていくと

ゴロゴロいっぱいじゃがいもが出てきました。

 

「こうやって土を掘るとおいもが出てくるよ。やってみて・・・」

年長さんが地区の方から教えていただいたことを年少のお友達に教えています。

「ながぐつが土の中にもぐって抜けないよぉ・・・」

 

「見て見て、2つもとれたよ!」      「こっちはこんな大きいんだよ。」

「おもしろい形のおいもあったよ。」

「こんなにたくさん掘れました。」

「地区の皆さんありがとうございました。」

子ども達のきづき

・じゃがいもがいっぱい取れてうれしかった。

・いろんな形のじゃがいもがあってうれしかった。

・じゃがいもって土の中でこんな風になっているんだ。

手で掘るのと茎を引っ張って掘るのと感触が違い、どちらも楽しかった。

茎を引っ張ると綱引きみたいで楽しかった。

・雨がたくさん降ったあとの畑はぐちゃぐちゃで歩きにくかった。長靴が抜けなくなっちゃってびっくりした。

お兄さんが助けてくれてよかったけど、ほんとうにびっくりした。

・雨がいっぱい降ったから、畑が臭かった、でもじゃがいもは洗ったらいい匂いだった。

臭い土の中にいるのに不思議だった。

・カエルやミミズもいっぱいいた。前に牧嶋さんが畑にミミズがいっぱいいるといいって言っていた、

いっぱいいてよかった。

 

事例に対する保育者の思い

・じゃがいも植から関わらせていただき、収穫をとても楽しみに当日を迎えた。

畑の中からたくさんのじゃがいもが顔を出した時の子ども達の嬉しそうな顔、次々出てくるじゃがいもを見てもっと掘ってみたいという意欲がわき、たくさんのじゃがいもを掘ることができた。

・長雨続きで畑はぐちゃぐちゃであったが、子ども達は体いっぱいで踏ん張り掘ることができた。

大変な作業ではあったが、「いや。」と言う子はおらず、作物を収穫することは子どもにとって大きな喜びなのだと感じた。

・大勢の地区の方が関わってじゃがいもを育ててくださった。子ども達のためにしてくださったことを子ども達が感じ、一緒に収穫できたことはお互いの喜びとなり、いい経験につながっていると思う。

 

いいだしかわじほいくえん 飯田市川路保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 康子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和43年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2431 飯田市川路3467-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3202 
FAX : 0265-27-3202 
MAIL : ns-kawaji@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ