土 植物・生物 食 ポップコーンのたね植えたよ!

2020年8月7日

テーマ:
土/植物・生物/食
年 齢:
4歳児
ねらい:
ポップコーンの栽培を通して、作物の生長を知り、興味、関心を高める。
収穫を期待し、大切に育てていく気持ちをもつ。

活動内容

今年は ”ポップコーン” を育ててみよう!という事で、年中さんのみんなでポップコーンの種を植えました。

 

「みんなが食べたいなーと言ってたポップコーンの種は、こんな感じなんだよ」とこどもたちに見せると

「えーちっちゃい!」「これポップコーンじゃないよねー!どうしてピンクなのー?」と色んな声が聞こえてきました。

「こんなに小さな種がポップコーンになるかな?みんなで大切に育てようね。」と話し、こどもたちに1粒ずつ種を配りました。

こどもたちは手のひらに乗った1粒の種を大事そうにしていました。

指で土に穴をあけ、種を入れると、優しく土のお布団をかけていました。

 

「大きくなるにはお水も上げなくちゃ!」と早速水を汲んできて、あげているお友達もいました。

「早く大きくなるといいね!」「いっぱい食べたいな!」と、みんな生長を楽しみにしています。

 

 

子ども達のきづき

「ポップコーンのたねってこれ?」「ピンクなの?」と驚いている子もいたり、「とうもろこしに似てるよね!」と教えてくれる子もいたり。

1粒の種で、子どもたちは色んな気づきがあったようです。

「とうもろこしに似てる」という気づきから、保育者が「とうもろこしのお友だちなんだよ。大きくなったコーンの粒をはじかすとポップコーンになるんだよ。」というお話をしました。

2日後、「ポップコーンの赤ちゃんが出てきたー!」と、発見したお友だちが、うれしそうに教えてくれ、みんなで見に行きました。

「小さいねー」「かわいいねー」と、みんな、喜んでいました。

 

事例に対する保育者の思い

普段はスーパーで売られているポップコーン。

ゆっくり時間をかけてお世話をして、生長の観察を楽しみ、収穫への期待を高めていってくれたら、と願っています。

その中で、自然と関わり変化を感じたり、植物を大切にする気持ちをもってほしいと思います。

 

 

あずみのしりつほりがねにんていこどもえん 安曇野市立堀金認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 黒岩 貞孔
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1961.6.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8211 安曇野市堀金烏川2280
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2175 
FAX : 0263-72-8275 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 42人 3歳児 : 50人 4歳児 : 79人 5歳児 : 79人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ