火 人・地域 食 収穫祭part1 🍡五平餅おいしいな☻

2019年11月30日

テーマ:
火/人・地域/食
年 齢:
3~5歳
ねらい:
・郷土食を知り、みんなで作って食べることを楽しむ。
・米つくりを教えてくれた地域の方に感謝の気持ちを伝える。

活動内容

稲刈りをした時の、「このお米で、五平餅を作ろう!」の声から、今年の収穫祭は五平餅でお祝いをすることになりました。

子ども達が山に遊びに行ったとき、くるみを見つけ沢山拾って来たので、「これ五平餅に使えるよ。」と教えると喜んで、クルミ抜きも手伝ってくれました。

山くるみを炒り、これから割るところです。

ちょうど、あやめグループホームのおばあちゃんたちも来ていて、一緒にクルミを抜きました。「懐かしいなー。」と言っていました。

収穫祭当日(11月29日)は、朝から園庭に火をおこし、お部屋には朝早くから焚いたご飯を「半殺し」(すりこ木で荒く潰したもの)にして、五平餅つくり開始。

お母さんたち、楽しそう「私、初めてなの☻」と、はりきってくれました。

竹の型にご飯を入れたら、掌でギュッと押して、形成します。

少し乾かしてから、串に刺して焼きます。

炭火の火力が強いと、くるみ味噌が垂れて焦げるので大忙しです。でもいい匂いにつられて、子ども達も集まってきました。

そしてお昼にみんなで食べました。JAや地域の方、お手伝いをしてくれた保護者の方のおかげでおいしい五平餅を頂くことができました。

 

みんな、大きな口を開けてかぶりついています。1串ずつ配ったのですが、「もう1本!」と、おかわりを何度もしていました。

おいしかったね。

 

子ども達のきづき

・くるみを楊枝でぬきながら・・・

「耳ほり、しとるみたい。」「早く食べたいな。」「うわー、でっかいのがとれた!」

・味見をして・・・

「香ばしくておいしい。」「りすになったみたい。」

・五平餅の型抜きをしながら・・・

「あったかーい。」「もちもち。」「まるくできた~。」「むにゅって、でちゃうよ~。」

・五平餅を焼きながら・・・

「煙~い。」「目が痛いー、逃げろー。」「でも、いい匂い。」「焦げとるに。」「味噌が、ぐつぐつしとる。」

・炭火を見て・・・

「うちわであおぐと、マグマみたい。」

・食べながら・・・

「甘くておいしい。」「これ、食べたことある~。」「おばあちゃが、だいすきなんだ。」

事例に対する保育者の思い

お世話になった方々と、一緒に作ったお米で、美味しい五平餅をいただけたことは本当に楽しい経験になりました。昔は、各家庭で五平餅を作りましたが、現在ではお店で買ったり、イベントの時に屋台が出るくらいで、家庭ではなかなか作られない五平餅です。こういう貴重な体験ができる行事をこれからも、続けていきたいと思います。

いいだしかわじほいくえん 飯田市川路保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 鈴木 康子
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和43年6月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2431 飯田市川路3467-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-27-3202 
FAX : 0265-27-3202 
MAIL : ns-kawaji@city.iida.nagano.jp
定員数 未満児 : 人 3歳児 : 15人 4歳児 : 15人 5歳児 : 15人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ