植物・生物 「どんぐり みっけたよ!」

2019年10月9日

テーマ:
植物・生物
年 齢:
3歳児
ねらい:
・友だちや保育士と一緒に山でどんぐり拾いを楽しむ。
・秋の自然に触れて遊ぶ。

活動内容

だいぶ涼しくなり、山あそびにはちょうど良い季節となるりました。山にどんぐりが落ち始めたのでみんなでどんぐり拾いに出かけます。久しぶりの山登りです。春の頃と比べると足取りも軽く、坂道も怖がらずに登れる子ども達です。

登る途中にどんぐりを発見!「あった」と歓声をあげ楽しみながら登ります。どんぐり広場(どんぐりがたくさん落ちている場所を子ども達が名づけました)に着くと「先生あった。」「見て見て。」と保育士に見せたり、友だち同士で見せ合ったりしながら拾います。

子ども達のきづき

葉っぱの下のどんぐりを発見!!「まだあるかな。」「ここにもあるよ。」「たくさんあるね。」と目をこらして探しています。

「食べられちゃったかな。」割れたどんぐりを見て不思議そうにのぞき込む男の子。「僕は青いどんぐりが欲しい。」と言っていた男の子も「青いどんぐりあった!!」と嬉しそうです。

繭を発見!! 「大きいね。」山の繭の大きさにビックリです。

事例に対する保育者の思い

期待を持って山あそびができるように、事前にどんぐりの絵本を読んだり、園庭の周りにある葉っぱや木の実に意識を向けたりすることで、どんなどんぐりを拾おうか、どんぐりをたくさん拾いたいなど、子ども達から意欲的に拾う姿が見られました。山には、子ども達が元気に遊べる不思議なパワーがあるように感じます。

自分の足で登り、自分の目でどんぐりを探す経験をして欲しく、個人差に配慮しながら、山登りやどんぐり拾いが楽しくなるよう声をかけることで、意識を持ってどんぐりを探し拾えた時の喜びは貴重な体験となります。

春の頃と比べると足元もしっかりし、急な坂道にも怖がらず挑戦する子どもが多くなっています。葉っぱの下のどんぐりを見つけたり、帽子つきどんぐりや青いどんぐりを見つけて楽しむ経験ができます。

あずみのしりつかみかわてにんていこどもえん 安曇野市立上川手認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 渡辺 寿美子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1956.2.6
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8203 安曇野市豊科田沢4917-1
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-2285 
FAX : 0263-71-2601 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 15人 3歳児 : 13人 4歳児 : 26人 5歳児 : 26人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ