人・地域 食 たまねぎ『元気くん 』大収穫!

2019年7月31日

テーマ:
人・地域/食
年 齢:
5歳児
ねらい:
・地域特産のたまねぎの生長に関心を持ち収穫の喜びを持つ。
・玉ねぎの育ち方や形に気づき、性質など興味を持つ。
・玉ねぎ元気くんとの手紙のやりとりやキャラクターと会うことで玉ねぎへの関心を深める。

活動内容

昨年、年中の冬に植えた玉ねぎの苗。

年長に進級してから 玉ねぎの緑の部分が大きくなってきたことを楽しみに見ていた子どもたち。

園庭に出た時に 玉ねぎ畑の様子を見に行くことが増えました。

玉ねぎは 安曇野市豊科地区の特産品です。

玉ねぎシンボルキャラクター『たまねぎ元気くん』からの手紙が届き

さらに 玉ねぎへの関心が高まりました。

安曇野市本庁舎にいる 「玉ねぎ元気くん」にも会いに行きました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「玉ねぎ元気くん かわいいね~。」なでなで~  ぎゅ~♡

 

「玉ねぎ元気くん (豊科インター北の)ゲームセンターの壁に(描かれて)いるよ。」

6月の玉ねぎ祭りの のぼり旗にも描かれているこの「玉ねぎ元気くん」。

またどこかで見つけられるかな・・・。

玉ねぎ元気くんに会ったことで 畑の玉ねぎの生長と収穫がますます楽しみになりました。

 

子ども達のきづき

玉ねぎの生長を楽しみにしているうちに・・・「玉ねぎってどうやって なるんだろう?」・・・

と疑問がわきました。

「土の下だよ。」「横になるんじゃない?」「ねぎの上だよ。」という

三つの意見に分かれ、収穫の時を心待ちにしました。

 

 

 

 

 

 

 

収穫の時期が近づくにつれて 土の下から姿を現した玉ねぎを発見!

「(玉ねぎができるのは)土の中だ!」と 疑問が晴れて収穫がまずます楽しみになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

6月 玉ねぎが大きく丸くなったよ。いよいよ収穫だ~!

 

 

 

 

 

 

 

「うんとこしょ。どっこいしょ。」

「やった~!」 玉ねぎ大収穫~!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふつうの玉ねぎと ネギ坊主のついた玉ねぎとは硬さが違うことにも気がつきました。

事例に対する保育者の思い

玉ねぎの生長や収穫を経験するだけではなく 地域の特産品であることを子どもたちにも知っていってほしい・・・公共機関を利用して 玉ねぎのキャラクターと対面したり 手紙を通して想像を膨らませたりして 楽しみながら玉ねぎに関心を深められたらいいなと思って取り組んできました。

玉ねぎに親しみを持つ中で 子どもたちの中から 様々な疑問がうまれ 考え 想像することにつながったことを感じます。

今後も公共機関を通じて 玉ねぎのことをさらに知ったり 調理方法を調べたりしながらこの経験を生活の場面につなげていきたいと思います。

7月にはじゃがいもを収穫しました。

8月には この玉ねぎとじゃがいもを使ってカレー会をしたいとはりきっている年長児です。

あずみのしりつみなみほたかにんていこどもえん 安曇野市立南穂高認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 平川 美智子
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1953.10.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-8202 安曇野市豊科南穂高2856
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-72-1431 
FAX : 0263-72-1431 
MAIL : kodomoshien@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 30人 3歳児 : 40人 4歳児 : 60人 5歳児 : 60人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月・火・水・木・金・土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ