土 植物・生物 人・地域 食 大根を収穫したよ!!

2018年12月13日

テーマ:
土/植物・生物/人・地域/食
年 齢:
5歳児
ねらい:
自分たちで育てた大根の収穫を喜ぶ。
様々に調理してもらった大根を味わい、食への関心を深める。

活動内容

9月にまいた大根の種は、すぐに芽を出してどんどん成長していきました。

大きな大根ができますように・・・と全員で間引きをしました。

葉っぱが育っていくのを見て『まだかなぁ~』『もう抜いていい?』と楽しみにしている子どもたち。

11月に入り、大きく育った大根をいよいよ収穫!!
大きな葉っぱをつかんで、折れないように抜いていきます。
スポスポ抜ける感覚が面白いようで「抜けた!」「大きい!!」と大喜びでした。

採った大根をさっそく洗って、給食室へ持っていき、給食の先生に見せると
「大きいのが採れたね~」と言ってもらいました。
新鮮な大根の葉が採れたので、給食の先生が《ふりかけ》を作ってくれました。
甘くて美味しい《大根のふりかけ》は大人気で、おかわりの連続です。

その後も、『みそ汁』『大根サラダ』『おでん』など様々なメニューに入れてもらい、給食のたびに
「今日も大根入ってる?」と確認し、大根メニューは「大盛で!」ともりもり食べる子どもたち。


毎日のメニュー確認も楽しみになりました。

子ども達のきづき

マルチをかけた畑の大根はどんどん育っていくのに、マルチがないとなかなか大きくならず、
「なんでだろう?」「お布団がないから寒いのかな?」と考えていました。

どんどん葉っぱが育っていくので「大きい大根できるかな?」と楽しみにしている子どもたち。

園庭に出るたびに、『もう抜けるかな?』と観察を続けました。

同じ大根でも、こんなに調理法があって、様々に味わえることを知り、大喜びでした。
お家でも、大根メニューが出ると、「家でもおでんの大根食べた」とか
「すりおろした大根もあるよ」などいろいろ教えてくれる子どもたちです。

事例に対する保育者の思い

小さな種から、大きな大根ができることを間近で体験することができました。
どんどん葉っぱが大きくなっていくので、「大きい大根ができるかな?」と楽しみにしていた子どもたち。
自分たちで収穫した大根を調理してもらい、おいしくいただけたこと、
一本の大根から何種類も味を変えて味わえたこと、
小さかった大根はお家にお土産で持ち帰ったこと、
大根の収穫を通して様々な経験を積むことができました。

『食』への関心が高まってきた子どもたち。
これからも畑での野菜作り、調理をしてくれる方々への感謝の気持ちを育みながら
食べることの楽しさと喜びを味わっていってくれることを願っています。

あずみのしりつあかしなみなみにんていこどもえん 安曇野市立明科南認定こども園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 滝沢 真紀
運営法人 安曇野市
運営法人代表者名 安曇野市長
園の設立日 1976.4.1
認定日 2015.10.13
区分 認定こども園
住所 〒399-7102 安曇野市明科中川手2789
エリア 中信
お問い合わせ先 TEL : 0263-62-3955 
FAX : 0263-62-6225 
MAIL : m.mizutani@city.azumino.nagano.jp
ホームページ http://www.city.azumino.nagano.jp/kurashi/kosodate/hoiku/renrakusaki/ninkahoikuen.html
定員数 未満児 : 6人 3歳児 : 24人 4歳児 : 50人 5歳児 : 50人 6歳(学童)以上 : 0人
基本開所曜日 月,火,水,木,金,土
基本開所時間 7時30分〜19時
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ