植物・生物 食 とうもろこしがいっぱい!!

2018年8月13日

テーマ:
植物・生物/食
年 齢:
4・5歳児
ねらい:
・生のとうもろこしを知る
・皮むきを通して感触・匂い・味など五感で味わう

活動内容

給食先生からトウモロコシの皮剥きを頼まれました。

「なにこれ?!」「こんなにいっぱい?!」と山盛りのトウモロコシに興奮気味の子どもたち。

さっそく飛びつく年長さんと、”なになに?”と少しずつ様子を見に来る年中さん。

年中「なにやっとるの?」

年長「とうもろこし!!皮剥くの!!」

年中「やりたい!」

年長「一緒にやろう!これいいよ!」

とみんなで輪になって皮剥きが始まりました。

「いっぱい皮あるなぁ」

「なんかモジャモジャする~」

「出た!!トウモロコシだぁ!!」

見慣れたトウモロコシの姿が見えて、喜びの声があがりました。

「モジャモジャのお髭も取るんだよ」と夢中になり、あっという間に約40本を剥いてしまいました!!

「いっぱい剥けたよ!!」と給食先生に届け、おやつに出てくるのを楽しみに待ちました ♪

「これ、僕たちのトウモロコシ?」「朝、剥いたやつ?」と目を輝かせる子どもたち。

「なんかいい匂いがする!」「あま~い」と喜んで味わいました。

 

 

 

子ども達のきづき

剥きたてのトウモロコシに鼻を近づけてくんくん…

「なんか・・・おいしいにおいがする・・・?」

「これ、おじいちゃんの髭みたい!!」

「ほら!髭じいさ~ん ♪ 」

「うっ?! ひげが口に当たったら、なんかピリピリしたよ!?」

「うぇっ ここちょっと舐めたら苦かったぁ・・・」

事例に対する保育者の思い

皮むきの経験を通して、普段食べているトウモロコシが元々どんな姿をしているのか、どんな感触で、どんな匂いがするのかなど、興味関心をもち五感で感じることができました。

そして自分たちで剥いたからこそ、よりおいしさを味わうことができたと思います。

 

いいだししもひさかたほいくえん 飯田市下久堅保育園

園の形態 普及型
代表者氏名 園長 : 田畑 いづみ
運営法人 飯田市
運営法人代表者名 飯田市長
園の設立日 昭和38年12月1日
認定日 2017.10.27
区分 保育所
住所 〒399-2603 飯田市下久堅知久平940-2
エリア 南信
お問い合わせ先 TEL : 0265-29-8055 
FAX : 0265-29-8055 
MAIL : ns-shimohisakata@city.iida.nagano.jp
ホームページ http://www.iida-kosodate.net/
定員数 未満児 : 25人 3歳児 : 30人 4歳児 : 30人 5歳児 : 30人 6歳(学童)以上 : 人
基本開所曜日 月火水木金土
基本開所時間 8:00~18:00
延長保育の有無 要問合せ
園児募集 要問合せ
保育者募集 要問合せ